Excel(エクセル):参照

viewpoint IT

ひとつのセルの結果を変えると、他のセルの計算結果も同時に更新されるダイナミズムと連鎖性は、表計算ソフトであるExcelの特徴的な機能です。
それを可能にするのが、他のセルを参照することによる数式の作成です。

Advertisements

参照の基本

参照式の作り方

refer1
たとえばA1に数字が入力された状態で、B1セルに=A1と入力してEnterを押すと、
refer2
B1セルはA1セルを参照する数式となり、A1と同じ結果を表示します。
refer3
A1の数字を変更すると、
refer4
自動的にA1を参照するセルの数字も変更されます。
refer5
参照式に+(足し算)や*(掛け算)、関数などで干渉した場合、
refer6
参照されているセルの値はそのまま、参照しているセルの結果を変更することができます。

クリックで参照式を作成

refer7
先に=を入力した状態で、
refer8
参照先のセルをクリックすると、クリックしたセル番号が=のあとに自動で入力されます。
refer9
そこからさらに+を入力し、
refer10
もう一個別のセルをクリックしてセル番号を入力、
refer11
Enterを押すと式が確定します。
他のシートやブックのセルでも、クリックで参照が可能です。

自分自身の参照(循環参照)

refer12
これはD1セルで=D1と入力した例です。自分自身を参照式の一部に含む式を循環参照といい、エラーになります。
refer13
うっかり循環参照を作ってしまうことはよくあることなので、一回OKを押してメッセージを消し、
refer14
式を修正するか、Deleteを押すなどして削除します。

$マーク(絶対参照・複合参照)

セル以外からの参照

テキストボックスからセルの内容を参照し、反映させる方法です。

コメント