Excelで今日の日付を表示する方法/Today関数の使い方

IT

請求書や連絡網など、日付を表示する書類作成に地味にものすごく便利なToday関数のご紹介です。

Advertisements

today関数の使い方

引数(参照する数値)を打ち込む必要がない、PCの内部時計を参照する関数なので、記述はものすごくシンプルです。

=today()

後ろの()を省略すると日付が取得されません。
today1
数日後の日付を求めることもできます。
today2
元が標準設定であれば、today関数を使ったセルはセルの書式(表示形式)が自動で日付に変更され、年/月/日の形式で日付を表示します。
もし他の形式や和暦にしたい場合は、日付の形式を変更する必要があります。
today4

日付を変更した例

excelでは日付や時間の計算にシリアル値と呼ばれる独自のコードを使用していますので、厳密には内部時計からシリアル値を計算して返しています。
他の引数を持つ時間系の関数、たとえばday(シリアル値から日付を抜き出す関数)やyear(シリアル値から年を抜き出す関数)はシリアル値を元に数字を返しますので、引数としてtoday()を与えることで、今日の日付や今年の西暦などを求めることも可能です。
today3
todayはあくまで日付を求める関数なので、時間はシリアル値に含まれていません。そのため時間を求める関数の引数にtodayを使用することはできません。時間の場合はnow(現在時間を求める関数)を使うようにしてください。
today5
today関数については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント