Excel(エクセル)で複雑な図表のテンプレートを使用する方法/Smart Artの使い方

IT

Smart Artとは組織図やフローチャートなど、複雑な図のテンプレートのことです。
Excelに最初から用意されたSmart Artを利用することにより、1から作ると面倒なそれっぽい図を簡単に挿入することができます。

スポンサーリンク

成果物

smartart13
いずれかのテンプレートを挿入し、文字を変更して図を作ってみます。

Smart Artの作り方

smartart1
Smart Artを作るには、挿入タブSmart Artをクリックします。
smartart2
テンプレートの一覧が表示されるので、
smartart3
カテゴリなどから探し、好きなテンプレートを選択してOKを押します。
smartart4
Smart Artが挿入されます。左の「ここに文字を入力してください」下をクリックするか、それぞれのテキスト領域を直接クリックすると個別のテキスト領域が編集できます。

Smart Artの編集

smartart5
とりあえずテキストを変更し、
smartart6
周囲の〇をドラッグしてちょっとサイズを変えてみたり、
smartart7
色の変更をしてみたり、
smartart8
Smart Art全体周囲の〇をドラッグして、全体の縮尺やサイズを変えてみたり、
smartart9
全体の周りの線をドラッグして移動したり、と大体図形と同じような感じで編集できます。
smartart11
Smart Art領域外をクリックすれば編集が確定され、
smartart10
再度Smart Artをクリックすれば再編集できます。

Smart Artの削除

smartart12
削除するにはSmart Artの地の部分(テキスト領域がないところ)をクリックし、Deleteを押します。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント