Pythonで組み込み例外を回避する、例外処理を実行する方法/try、exceptの使い方

boy IT

pythonではあらかじめどういった場合にエラーになるのかが分類されており、このエラーの場合には例外としてこのメッセージを出す、というのも既定されています(一覧)。こういう最初から決められたエラーを組み込み例外と言います。
組み込み例外はtry、exceptを実行することで別の処理に誘導することができ、例外を回避するための処理を例外処理といいます。

スポンサーリンク

組み込み例外

#python
a = "abc"
print(a + 1)
たとえばstr型の変数aを作って、aに1を足したものを出力しようとすると、
python try except1
TypeError型の例外エラーが起きます。Type=型が合わない変数エラーです。
こういう感じで表示されるのが組み込み例外、例外エラーです。

例外処理(try、except)

python try except2
tryexceptを使うことで、特定のエラー時にエラーの代わりに特定の処理をする例外処理を実装できます。
使い方はまず、try:の後のブロックでエラー判定をしたい処理を置き、
#python
a = "abc"
try:
    print(a + 1)
except TypeError:
    print("変数が数字ではありません")
except エラー型:の後のブロックに、そのエラーが起きた時に実行したい処理を書きます。
複数エラー型を指定したい場合はexcept (エラーA,エラーB)のようにカッコで閉じます。
python try except3
実行結果です。TypeErrorの場合に、指定した処理が実行されることが確認できます。
例外処理が実行された場合、tryに置いた処理は無視されます。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント