Excel(エクセル)でセルに指定した範囲の日付のみ入力できるようにする方法/データの入力規則(日付)の使い方

diary IT

特定のセルには日付しか(あるいは日本語だけとか、数字だけとか)入力させたくない場合には、データの入力規則の出番です。この記事は日付オンリーで解説します。

Advertisements

データの入力規則(日付)の使い方

hiduke1
さて、こちらのセルには日付しか入力させないものとします。
hiduke2
まずは範囲を選択し、
hiduke3
データタブにあるデータの入力規則をクリックします。
hiduke4
「入力値の種類」プルダウンをクリックし、日付を選択します。
hiduke5
するとデフォルトでデータ「次の値の間」となり、下に「次の日付から」及び「次の日付まで」という入力欄ができます。こうした開始/終了日付は入力必須項目です。
試しに「今日から」「一週間後まで」だけを入力できるようにしてみたいので、Today関数を用いて上に=today()、下に=today() + 7と入力します。
セルと同じく、直接値を入れてもいいし、関数を使ってもいいです。
hiduke6
まずは今日と明日の日付を入れてみます。これは問題ないです。
hiduke7
日付しか入れてはだめなので、文字列などはエラーになります。
hiduke8
数カ月先もだめ、これは今日から一週間以内というルール違反です。
hiduke9
もちろん過去もだめです。
hiduke10
再試行を押すと再度入力画面に戻り、キャンセルを押すと入力内容が消えます。
hiduke12
今度は1/1~12/31と入れてみましょう。
しかし、このように日付だけ入力した場合、それは「入力した年の」日付と解釈されます。
hiduke13
従って来年の日付は入れられません。
hiduke14
なので、範囲を指定する場合は、年代も指定しておくほうが無難です。
hiduke15
データを「次の値より大きい」にして、特定の日付以降を入力できるようにしたり、
hiduke16
逆に「次の値より小さい」にして、特定の日付までしか入力できなくすることもできます。
hiduke17
対象の日付を参照式で指定する場合、一点注意事項ですが、
hiduke18
セルが移動するにつれ、参照式もズレていきます。このへんは関数と同じです。なので全然入力規則になってないことがあります。
hiduke19
特定のセルを参照した規則を複数セルに指定する場合、ちゃんと$で絶対参照を指定してあげましょう。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント