Excel VBA(マクロ)で列、行を選択、取得する方法/Rows、Columns、EntireRow、EntireColumnプロパティの使い方

IT

Rowsプロパティ、Columnsプロパティでは、オブジェクトの中の列、行を指定して参照することができます。
行番号、列番号を取得するRow・Columnプロパティとは別物です。

スポンサーリンク

成果物

rows6
Rangeオブジェクトの範囲を起点に、その中の特定の列・行を選択したり、列全体・行全体に選択範囲を広げたりしてみます。

Rows、Columnsプロパティの使い方

行を取得する
対象.Rows(範囲)

列を取得する
対象.Columns(範囲)

※引数を省略した場合、全行と全列が選択される。
※引数は数字で指定、単列は数字またはアルファベット、複数列はアルファベットのみ。

Rowsプロパティ

rows1
Range(“B2:D4”).Selectだと、B2~B4が選択されますが、
rows2
Rangeオブジェクトの後にRows(1)を挟むと、
rows3
オブジェクトの1行目を参照という意味になり、結果としてB2~D4の一行目=B2:B4が選択されます。
rows4v
Range(“B2:D4”).Rows(2).Selectなら二行目が選択され、
rows5
Range(“B2:D4”).Rows(“2:3”).Selectなら2~3行目が選択されます。
範囲指定の場合は””で閉じる必要があります。

Columnsプロパティ

rows6
Columnsプロパティも基本的に同じ方法で使えて、Range(“B2:D4”).Columns(1).Selectで1列目を選択できますが、
rows7
Range(“B2:D4”).Columns(“2:3”).Selectのように数字で指定することはできないようなので、
rows8
アルファベットで指定します。A=範囲内の1列目、B=範囲内の2列目といった具合で、Range(“B2:D4”).Columns(“B:C”).SelectでC~D列(範囲内の2~3列目が選択されます。)

行、列全体に何かしたい(EntireRow、EntireColumn)

オブジェクトの所属する行をすべて取得する
対象.EntireRow

オブジェクトの所属する列をすべて取得する
対象.EntireColumn

rows11
EntireRowでオブジェクトを起点に行全体、
rows12
EntireColumnで列全体を指定できます。たとえばRange(“B2:D4”).EntireColumn.Selectで、B~D列がすべて選択されます。
rows10
全体的に処理をしたい場合だと、たとえばRange(“2:4”).Selectで2~4行全体、
rows9
Range(“B:D”).SelectでB~D列全体といった具合に選択できるので、ケースバイケースで使い分けるようにしてください。
Excel(エクセル):選択、移動
Excelでセルを選択/移動する方法のまとめです。ここでいうセルの選択というのは(マウスなどで)セルを入力・設定変更などするために選択するという意味のことで、関数などで対象のセルを選択する「参照」は扱いません。 補足事項は各個記事内リンク...
Excel(エクセル):行、列
Excelの行、列関係操作、関数、VBAです。他のまとめとかぶる部分が多い場合はリンク貼ります。 行・列の選択 行・列の一括選択方法です。 VBA(マクロ)であれば、たとえばRange("2:2").Selec...
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント