Excel(エクセル):条件付き書式

bicycle-path IT

Excelの条件付き書式は、読んで字のごとく「特定の条件を満たした時にだけ指定した書式を適用する」機能です。また、セルの内容をより視覚的に表現する機能もいくつか用意されています。
書式には罫線、フォント、文字色、背景色などが含まれ、十分に使いこなすには書式の設定そのものに知識があるほうが望ましいです。
各リンク先でも、簡単に書式の設定方法の説明をしているので、基本的な使い方はそちらで参照できます。もし書式についてより詳しく学習したい方は、書式の記事などを参照してください。

スポンサーリンク

条件付き書式の使い方

jok
条件付き書式ホームタブ条件付き書式から作成・編集することができます。
見ての通り色々な種類があり、以下ではそれぞれの項目ごとに詳しい説明をしている記事へのリンクを貼っています。
条件付き書式1
動線が色々あって複雑ですが、基本的な使い方は全部共通してます。説明のために新しいルールを開きますが、
条件付き書式2
ルールには大枠となるルールの種類があり、指定の値を含むとか、平均より大きいとか小さいとか、そういったカテゴリーを選んで、
(例:値が重複するセルは書式を変える)
条件付き書式3
さらに具体的な値や、条件に適応する場合に表示する書式を設定して条件付き書式を作成します。
(例:値が重複するセルは文字を太字にし、背景の色を変える
条件付き書式4
ルールの種類が変わると細かい設定内容も変わります。大体のカテゴリーではこんな感じで書式というボタンがあり、これをクリックして書式を設定できます。

セルの強調表示ルール

セルの強調表示ルール1
条件付き書式からセルの強調表示ルールにカーソルを合わせると、このようにセルを強調する条件がいくつか表示されます。
その他のルールを選択した場合は、新しい書式ルールダイアログが開かれます。

上位/下位ルール

excel 上位下位ルール
同様に上位/下位ルールにカーソルを合わせると、このように選択肢が表示されます。上位または下位に入る値だけを書式設定を指定することで、数値が上位/下位のデータだけを書式設定することが可能です。
何位までの他、何パーセントまでという形でも指定できます。
その他のルールを選択した場合は、新しい書式ルールダイアログが開かれます。

データバー

カラースケール

アイコンセット

新しいルール(その他のルール)

空欄以外のセルを指定することで、セルに入力した時に自動で罫線を引く方法です。
入力したセルだけ色を付ける、といった使い方もできます。
数式を使うことで、より自由度の高い条件設定が可能です。
ここでは土日祝日に色を付けるために、いくつかの数式による条件付き書式を試しています。
やりたいことから方法を探すエクセル(Excel)操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント