セル内の文字列を一定の間隔で配置する方法/セルの書式設定(均等割り付け)の使い方

IT

表などでセル内の文字を左詰めや中央詰めでなく、均等に配置したい場面もあると思います。
そのような場合は、セルの書式設定で均等割り付けを指定すればOKです。

Advertisements

成果物

allocation9
均等割り付け機能を使用すると、縦、横それぞれ文字を一定の間隔で割り付けて配置できます。
一文字しかない場合は左、または上に表示されます。

均等割り付けの使い方

allocation1
デフォルトではセルはこのように左詰めになっていますが、
allocation2
範囲を選択して右クリック→セルの書式設定をクリックし、
allocation3
配置タブ「横位置」均等割り付け(インデント)にセットして、
allocation4
他はそのままOKを押します。
allocation5
結果、このように横方向の文字が均等に配置されます。

縦方向の均等割り付け

allocation6
縦の場合も同じです。範囲を選択してセルの書式設定へ進み、
allocation7
配置タブ「縦位置」均等割り付けにセットしてOKを押します。
allocation8
実行結果です。
Excel(エクセル):セルの書式設定
多機能でよく使う「セルの書式設定」についてのまとめです。

コメント