Power Automate DesktopでWebページのリンクをクリックする、別のページに移動する方法

car IT

「新しいWebページのリンクをクリックします」アクションを使うことで、Webページ上の指定リンクをクリックすることができます。

スポンサーリンク

前準備と目標

pad webリンクをクリック1
あらかじめブラウザを起動するアクションを作っておきます。
pad webリンクをクリック2
開くページはWikipediaのトップページとし、ここから「最近の出来事」をクリックすることで、
pad webリンクをクリック3
別のページに遷移する、というものを作ります。
バックボタンを押し、ブラウザは閉じずにトップページを表示したままにしておきます。

新しいWebページのリンクをクリック

pad webリンクをクリック4
リンクのクリックは、ブラウザー自動化Webフォーム入力の中にある新しいWebページのリンクをクリックしますから行えます。

Webブラウザーインスタンス

pad webリンクをクリック5
アクションを追加するとダイアログが表示されます。
指定できるブラウザがひとつしかない場合は、自動でWebブラウザーインスタンスに変数が入力されます。
pad webリンクをクリック7
複数ブラウザがある場合は、下括弧から押したいリンクのあるブラウザの変数を指定します。

UI要素の追加

pad webリンクをクリック6
UI要素とはクリックするリンクのことです。初期状態では何も指定できるUI要素がないので、UI要素UI要素の追加をクリックします。
pad webリンクをクリック8
追跡セッションダイアログが開きます。
pad webリンクをクリック9
クリックしたい要素のあるブラウザページを前面に表示し、Ctrlを押しながらクリックします。
pad webリンクをクリック10
何やら追跡セッションに追加されるので、完了を押します。

UI要素の絞り込み

pad webリンクをクリック11
UI要素に先ほど追加した要素が入力されていますが、このまま保存して実行するとエラーになります。
pad webリンクをクリック12
再度UI要素を押すと、今選択されている(=クリックする)要素が表示されます。
右側にプレビューも表示されますが、意図したよりも広い親範囲が指定されているようなので、
pad webリンクをクリック13
その下(中)にあるspanタグをクリック→選択をクリックして、押すリンクを絞り込みます。

実行

pad webリンクをクリック14
保存してフローを実行します。
最近の出来事
実行すると、ブラウザが起動した後ページが切り替わることが確認できます。

色々なリンクのクリックを実装していくと、なぜか押せないケースもままあります。
そういった場合は、直接マウスの座標を指定(相対は「アクティブなウィンドウ」にする)してクリックしたり、画像をクリックして解決できる場合があります。

詳細設定

ページリンク1
詳細内のページが読み込まれるまで待機しますをクリックすると、ページの読み込みが完了してからクリックが実行されます。デフォルトでONですが基本的にONにしておくことを推奨します。
ページリンク2
ポップアップダイアログが表示された場合では、ポップアップを閉じる、ボタンを押す、何もしないのいずれかのリアクションを選ぶことができます。
ページリンク3
ポップアップでボタンを押すを指定した場合、押すダイアログボタンの名称を指定できます。
Microsoft Power Automate Desktop(PAD)使い方まとめ
Power Automate Desktopの使い方を機能別に探せるまとめです。

コメント