Python(Idle)のShellとEditorウィンドウの違い、Editorの開き方、実行、保存方法

office-desk IT

IdleにはShellウィンドウEditorウィンドウという二種類の入力画面があります。それがどうちがってどう開くのか、という記事です。

スポンサーリンク

Shellウィンドウの開き方

python shell editor1
Idleを起動した時に最初に表示されるのがShellウィンドウです。左に>>>があるのがShellです。

Editorウィンドウの開き方

python shell editor2
FileNew Fileを選択すると、
python shell editor3
ちょっとちがう感じのウィンドウが開きますが、こっちがEditorウィンドウです。>>>がないほうがEditorです。

EditorでHelloWorld

hello world python1
インストールの記事でも試しましたが、Shellウィンドウでは""で区切って文字を入れるだけで結果が返されます。
hello world python2
しかし同じことをEditorウィンドウで行うと、特に何も起こりません。
hello world python3
EditorウィンドウでHello Worldするためには、①命令形式を変えてやり、②一回作ったコードをファイルとして保存して、③処理を「実行」する必要があります。
まずprint("Hello World")と入力します。

Pythonファイルの保存

hello world python4
FileSaveをクリックします。
hello world python5
好きな保存先を指定し、「ファイルの種類」はPython filesのままで、名前を付けて保存します。
hello world python6
Python fileが作成されました。形式こそちがいますがテキストファイルで、拡張子はpyです。

コードの実行

hello world python7
ではコードを実行してみます。RunRun Moduleをクリックすると、
hello world python8
Shellウィンドウのほうに実行結果が返されます。
ひとまずこれで、Editorウィンドウでコードを作り、保存して、実行することができました。

で、このふたつはどうちがうのか

Pythonはコンパイルを必要とせず、書いたコードをそのまま実行することができます。このコードを一行書くごとに実行するのがShellウィンドウで、一問一答形式なので対話(インタラクティブ)モードとも呼ばれます。
これに対し、ある程度まとめてコードを実行したい場合は、ファイルにコードを書き貯めておいて固まりで実行することができます。一般的に言う「プログラムを作る」のはこちらが該当し、Editorウィンドウではファイルを作成することを前提に作業が進みます。ファイル単位でしかコードを実行できないので、毎回保存する必要がある、という理屈です。

Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント