Pythonのダウンロード、インストール、起動方法

IT

Pythonを使う前の段階、ダウンロード/インストールから初回起動、実行テストまでの流れです。
Macの場合最初からPythonはインストールされていますので、ダウンロード~インストールはWindows環境での話です。執筆時点での動作環境はWindows10です。

スポンサーリンク

ダウンロード→インストール

Pythonのダウンロードページへ移動し、
python install 1
特にこだわりがなければ、最新のバージョンのPythonのダウンロードボタンを押します。
保存して良いか警告が出る場合は許可してください。
python install2
ダウンロードしたインストーラを起動し、「Add Python 3.xx to Path」にチェックを付けます。
python install3
Install Nowを押せばインストールが開始されます。
PCに変更を加える許可を求められたらOKしてください。
python install4
しばし放置します。
python install5
終わるとオンラインチュートリアルだのライブラリだの更新履歴だの取説だのリンクが出るので(※ここで貼ってるリンクは3.10時点のもの)、必要なものはブックマークしてCloseします。

PythonとIdleの起動

python 起動1
ショートカットなどは作られないので、自分で探してきて起動する必要があります。
検索画面でPythonと打つと普通に出るので、
python 起動2
そのまま起動すると、コマンドプロンプトでPythonを起動できます。
python 起動5
Windowsの場合、コマンドプロンプト→Pythonと打っても同様の状態になります。
python 起動3
ただしPythonはインストール時にIdleというエディタが自動的についてくるので、このサイトではそれを使います。同様にIdleと検索し、検索結果をクリックすると、
python 起動4
Idleが起動します。Pythonは起動時に、インストールしたバージョンの情報などが表示されます。

Hello World

python 起動7
最後に動作確認を行います。"Hello World"と入力してEnterを押すと、
python 起動8
何かが実行され、同じ文字列が返されます。
ちゃんと動くことが確認できたら本稿は終了です。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント