Excelエクセルで名簿を五十音順に並べ替える方法と昇順・降順の意味/並べ替えとフィルターの使い方

IT

エクセルでデータを入力した後、提出する前にとりあえずデータを名前順や番号順に揃えて提出したい場合、単純に自分で使う場合に管理しやすくしたい場合など、データを昇順/降順で並べ替えたい場面は多いと思います。ここではexcelでも屈指のよく使う機能、並べ替えとフィルターの基本的な使い方を説明したいと思います。

Advertisements

並べ替えとフィルターの使い方

meibo1

こんな感じの名簿があったとします



meibo2

並べ替えをしたい範囲を選択します



meibo3

ホームタブ→並べ替えとフィルタをクリックすると、プルダウンが表示されます



meibo4

「昇順」または「降順」をクリックすると、「並べ替えの前に」が表示されます



meibo5

「昇順」かつ「選択範囲を拡張する」の場合:あいうえお順に並び替えられ、ふりがなや番号もセットで(行単位で)並び替えされました。



meibo6

「降順」かつ「選択範囲を拡張する」の場合:ん→あ順に並び替えられ、ふりがなや番号もセットで並び替えされました。



meibo7

「昇順」かつ「現在選択されている範囲を並べ替える」場合、選択範囲だけがあいうえお順に並び替えられ、ふりがなや番号は据え置きになりました

基本的にはこれだけですが、補足をいくつか。

Advertisements

別の方法

データタブから並べ替えを行うこともできます。

linerb1

データタブ→「並べ替えとフィルタ」エリアを使用します



linerb2

昇順の場合



linerb3

降順の場合



linerb4

「並べ替え」ボタンでも条件を指定して並べ換えが可能です(複数指定に関しては別記事で解説しています)。

アルファベットや数字がある場合

普通に実験してみることにしました。並べ替えには「ああ」と「あい」では「ああ」のほうが昇順で先に来るというルールがあるので、AlexとALEXで大文字・小文字に優先があれば、昇順と降順で並びが変わるはずです。

meibo8

半角数字、全角数字、全部大文字のアルファベットを下に追加しました



meibo9

昇順をかけた場合:数字、アルファベット、日本語の順に並ぶ



meibo10

降順をかけた場合:日本語、アルファベット、数字の順に並ぶ

昇順と降順で半角数字と全角数字、半角英語と全角英語の並び順が変化していないため、半角と全角では並び上の優劣はないことが確認できました。

選択範囲を拡張すると、下のセルも範囲に含まれる

よくある勘違いですが知らないとデータを壊すことがあるので、ご留意ください。拡張は横だけでなく、下にも伸びます。

meibo16

この状態から選択範囲を拡張して「昇順」で並び替えると……



meibo17

こうなります

選択範囲に隣接してないセルは拡張しても範囲に含まれない

meibo11

間が空いたデータを作りました



meibo12

「選択範囲を拡張する」を選択して並べ替え



meibo13

離島の並び順が影響されてないことが確認できました


「隣接している」というのは、A1:C10までデータがあったらD1~D10とA11~C11にあるデータのことのようです。この範囲に何かのデータがある状態で選択範囲を拡張すると一緒に並べ替えられてしまうのでご注意ください。

漢字の並べ替えをすると、漢字だけ下に固まって表示される場合の対処

これに関しては別に記事を書いたので、そちらご参照ください。

漢字を含めた並び替えでルビを含めて・外して並び替える方法/並べ替えとフィルターの使い方(並べ替えオプション)
入力したデータを昇順で並べ替えしてみると、漢字のデータが下のほうに固まってしまう……これをルビを読んで並べ替えできるようにするのが、並べ替えとフィルターの並べ替えオプションです。

複数の条件に優先順位を付けて検索する方法

上でも書きましたが、こちらも別記事に書きました。

Excelで複数の条件による並べ替えをする方法/並べ替えとフィルタ(レベルの追加)の使い方
普通の並べ替えだけでなく、A条件の中でもB条件はこのように並べ替えをしたい……という風に指定をしたい場合は、並べ替えにレベルを追加してあげる必要があります。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント