Excel(エクセル)で複数行の積を合計する方法/Sumproduct関数の使い方

suitcases IT

Product関数(掛け算)の派生として、横/縦に並んだフォーマットの統一されたリストの積を一行/列ごとに掛け算し、その結果を合計するSumproduct関数のご紹介です。

Advertisements

Sumproduct関数の使い方

複数行/列の積の算出
=sumproduct(範囲A,範囲B,範囲C…)
※各範囲は行数/列数が等しい数であること
sump1
Product関数で使用したこの表の利益を合計し、総利益を求めてみたいと思います。
sump2
簡単なのは、利益を全てsum関数で合計する方法です。
sump3
D2~D5を合計し、総利益が表示されました。
sump4
この利益はそれぞれ、Product関数で左にある値段、数、利率を掛け算して計算されています。今はSum関数とProduct関数を別々にやっていますが、これをまとめて行おうというのがSumproduct関数です。
この関数を使うと、個別に利益(D)列を作らないでも総利益を計算することができる、というメリットもあります。
sump5
=sumproduct(A2:A5,B2:B5,C2:C5)(A2×B2×C2からA5×B5×C5まで掛け算した数値を合計すると記述します。
sump6
さきほどと同じ値が算出されました。ちょっとややこしいですが、計算する各範囲をカテゴリごとに指定するというニュアンスになります。
sump7
ちなみに計算する各範囲の長さが揃ってない場合、エラーとなります。
sump8
長さが合っていれば、範囲がズレてるのは特に問題ないです。

複数行の積の合計については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント