Excel(エクセル)でセルを結合・解除する方法/「セルの結合」の使い方

connect IT

表の見栄えを整える上で、「セルの結合」を使いこなすことは重要です。複数のセルをまとめてひとつのセルとして扱うことができます。

Advertisements

「セルの結合」の使い方

セルを結合して中央揃え

ketsugou1
この表の「学年」の部分を結合し、ひとつのセルにしてみたいと思います。
ketsugou2
結合したい複数のセルを選択します。
ketsugou3
ホームタブ「セルを結合して中央揃え」をクリックします。
ketsugou4
A2とA3セルが結合され、ひとつのセルとして表示されるようになりました。文字は左右の真ん中(中央)に表示する設定になっています。
ketsugou5
「セルを結合して中央揃え」をもう一度押すことで、結合を解除し、文字を左揃えに戻すことができます。
ketsugou6
セルの表示が元に戻りました。

セルの結合/セル結合の解除

ketsugou7
今度は「セルを結合して中央揃え」右にある▼を押し、「セルの結合」をクリックしてみます。
ketsugou8
再度セルが結合されましたが、左揃えのままです。
ketsugou9
「セルの結合」を解除するには、「セル結合の解除」をクリックします。
ketsugou10
結合が解除され、表示が元に戻りました。
ketsugou14
「セルの結合」をした状態で、「中央揃え」を押しても「セルを結合して中央揃え」と同じ状態になります。
ketsugou15
つまり「セルを結合して中央揃え」は、結合と中央揃えを同時に設定/解除するボタンということになります。
「セルを結合して中央揃え」→「セル結合の解除」を行うと、結合は解除されますが文字は中央揃えのままとなります。

セルにそれぞれ内容がある場合

ketsugou11
結合するセルにそれぞれデータがある場合、左上以外のセルの内容は削除される旨のダイアログが出ます。
ketsugou12
ダイアログのOKを押して実際に結合すると、A3の内容が消え、A2のデータのみが結合された状態で表示されました。
ketsugou13
結合を解除しても、削除されたデータは元に戻りません。もし誤って削除してしまった場合は、Ctrl+Zなどで対処してください。

横方向に結合

ketsugou16
「横方向に結合」を押すと、左右のセルのみが結合されます。
ketsugou17
実際に行うとこういう具合になり、上下のセルは結合されません(ここでもC2~D8のデータは結合に伴って削除されています)。
ketsugou18
さらに中央揃えにするとこうなります。

マクロによるセルの結合

下記記事を参照してください。

ExcelVBA(マクロ)でセルを結合・結合解除する方法/Merge・UnMergeメソッドの使い方
VBAでセルを結合するにはMergeメソッド、結合を解除するにはUnMergeメソッドを用います。

セルの結合については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント