JavaScriptで「OK」と「キャンセル」のある確認ダイアログを表示する方法/Confirmメソッドの使い方

enter IT

いわゆる「確認ダイアログ」を表示し、OKあるいはキャンセルを押した時にそれぞれ処理を返す方法のご紹介です。

Advertisements

確認ダイアログの使い方

オブジェクトはwindowになります。alertの兄弟的なコードです。

確認ダイアログを表示
window.confirm(‘メッセージ’)
※windowは省略可能

とりあえず表示だけするボタンをご用意しました(下のコードはボタン込みにしてるので、htmlに打つだけで再現できます)。

<input type="button" value="実行" onclick="confirm('メッセージ')" />

OKとキャンセルで何かしたい

一応上のコードで表示だけすることはできるんですが、ほんとに表示しかできないので、if文でOKとキャンセルの時それぞれ何か出力したいと思います。
当然confirm的にもそういう使い方を想定しているので、OKの時はtrue、キャンセルの時はfalseが戻り値として返るようになっています(こういう0か1かしかない値を「ブール値」などと言います)。
実装する方法を書くと、次のように指定することで使えます(もし上のコードに追加するなら、onclick=” ~ ” />の間に下のコードを上書きしてください)。

if(confirm('メッセージ')){
alert('okしました')//trueの処理
}else{
alert('やめました')//falseの処理
}


if文などの条件分岐について詳しく知りたい方は、下記の記事をご参照ください。

JavaScriptで条件分岐する方法/if文、else、switch文、caseの使い方
JavaScriptでIf文を使う方法です。定番のif/elseの他、Switch文の書き方についても言及します。

コメント