Excel(エクセル)でセル・範囲に名前を付ける方法/名前の定義の使い方

IT

Excelでセルや範囲に名前を付けておくことは、式をわかりやすくする上で一定の効果があります。
やりかた自体は簡単なので、使えそうな場面があったらぜひ試してみてほしいです。

Advertisements

セルに名前を付ける方法

name1
とりあえず名前を付けたセルを選択しておきます。
name2
方法①選択範囲の上で右クリック範囲に名前を付けるをクリックします。
name3
方法②数式タブ名前の定義をクリックします。
name4
どちらの方法でも「新しい名前」ダイアログが開きます。
好きな名前を入力し、OKを押します。
name5
方法③名前ボックス(普段はセル番号が表示されてるところ)に直接名前を入力します。
name7
いずれの方法でも名前が登録されます。
名前ボックス右の▼を押すと、登録した名前が一覧表示されるので、さっき入力した名前をクリックすると……。
name6
名前に対応する範囲が選択された状態になります。
この機能を使って、まずブック内の移動に名前を活用することが可能です。

名前を付けると何ができるか

name8
たとえばMax関数を使う場合、通常=max(A1:A5)のように書きますが、これを=max(名前)のように書くことが可能になります。
name9
計算が無事実行されました。
見た目に分かりやすいのと、名前の範囲を変更した場合、関数の参照範囲も同期して変更されるというメリットがあります。
name17
ちなみに日本語も使用可能です。
名前を数式で参照する場合、日本語でも””で閉じる必要はありません。
name10
よくある使い方としては、プルダウンリストで参照先を=名前のようにする方法があります。
name11
結果、こんな感じになります。

付けた名前を変更する

name12
数式タブ名前の管理をクリックします。
name13
変更したい名前を選択し、編集をクリックします。
name14
名前を変更し、OKを押します。
name15
閉じるをクリックします。
name16
名前が変更されました。

名前が意味する範囲を変更する

範囲を入力して変更

name18
文字で範囲を指定したい場合は、数式タブ名前の管理→下の参照範囲を変更し、チェックをクリックします。
name19
×をクリックすると、未保存の変更内容がキャンセルされます。
操作が終わったら、閉じるを押してダイアログを閉じます。

範囲をドラッグして変更

name20
ドラッグで範囲を指定したければ、参照範囲右のボタンを押すと……。
name22
ダイアログが小さくなるので、好きな範囲をドラッグすると、名前の参照範囲が変更されます。
name23
ただ複数個所ドラッグすると、範囲+範囲になってしまうので……。
name24
狙いとちがう場合は一回クリアしたり、適宜修正してください。
name25
思った通りの参照範囲になったら、もう一度参照範囲右のボタンを押します。
name26
あとはチェック押して閉じるで保存されます。
name28
ちなみにチェック押さずに閉じようとすると保存するか訊かれるので、ここではいを押しても変更が保存されます。

挿入/削除/入力して範囲を拡張/縮小

name29
名前の範囲内にセルを挿入すると、
name30
名前の範囲が拡張されます。同様にセルを削除して詰めると、範囲が縮小します。
name31
もし=名前のようにしてテーブルを作ってる場合は、テーブルの下にさらに入力していくことで、
name32
名前の範囲も自動的に拡張されていきます。
もし拡張性をメインに考えるのであれば、名前の範囲はテーブル化しておくほうが無難です。

名前の削除方法

name33
数式タブ名前の管理削除をクリックします。
name34
OKをクリックします。
name35
名前が削除されるので、閉じるを押すなり、新たな名前を作るなりします。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント