Excel(エクセル)で図形をぼかす方法/図形の効果の使い方

IT

図形の効果の「ぼかし」機能を使うことで、図形の外側輪郭線をぼかすことが可能です。

スポンサーリンク

成果物

blur6
設置した図形の輪郭をぼかします(テクスチャ画像の貼り付けについては別記事参照)。

「ぼかし」の使い方

blur1
とりあえず何か図形を用意します。
blur2
図形を選択した状態で、図形の効果ぼかしを選択し、ソフトエッジのバリエーションからいずれかのポイントをクリックすると、
blur3
こうなります。ポイントは大きいほどぼかしが強くなります。
blur4
デフォルトで用意された0,1,2.5,5,10,25,50ポイント以外を選択したい場合は、ぼかしぼかしのオプションを選択し、
blur5
図形の書式設定でぼかしのサイズを指定することで、自分好みのぼかしにすることが可能です。
Excel(エクセル):図形
Excelでは、図形という機能を使うことで四角形や丸、矢印などのオブジェクトをシート状に配置することができます。セルの形状を無視して配置できるので、フローチャートや装飾、注釈などアイデア次第でさまざまな用途に利用できます。 図形作成の基礎...

コメント