Excel(エクセル)でピボットテーブルを作る方法/ピボットテーブルとは何か、何ができるか

IT

ピボットテーブルとは、おおまかに言えば分析しやすい表のことです。特定時期のある地域で何がどれだけ売れたのか、といった条件の多いデータ分析をより容易に、より視覚的に行うためのものなので、売上分析や経営判断など行う立場の方だと利用価値が高いかと思いますが、家計簿なんかに使ってもなかなか面白い結果が得られます。

Advertisements

ピボットテーブルの作り方

詳細な使い方は一回置いといて、まずは作ってみましょう。

pivottable1
こんな感じの表があるものとします。
pivottable2
これをピボットテーブルにするには、まず分析したい範囲を見出しを含めて選択し……。
pivottable3
挿入タブ「ピボットテーブル」をクリックします。
pivottable4
範囲は既に指定されていますので、「新規ワークシート」にチェックが付いていることを確認してOKを押します。
pivottable5
すると新しくワークシートが作られ、こんな感じの画面になります。
pivottable6
元の表も消えたわけではなく、別のワークシートにちゃんと残ってます。
pivottable7
右側のフィールドで「日時」「来客数」にチェックを付けてみます。すると数字が合算され、それぞれの日に合計でどれだけの人が来たのか、だけが表示されます。
pivottable8
さらにチェックを付ければ、より細かいデータが確認できますし……。
pivottable9
チェックを外して、違う側面から多角的にデータを検証することも簡単にできます。

表示する項目の選択と入れ替え(クロス集計)

pivotd1
一度チェックを全て外し、「日時」をフィールド下部「行ラベル」ドラッグします。
pivotd2
するとこのように、行順に日時が割り振られた状態になります。
pivotd3
同様に「列ラベル」「場所」をドラッグしてみます。
pivotd4
今度は列順に場所が配置されました。
pivotd5
「収益」にチェックを付けてみます。
pivotd6
フィールド下部を見ると、「値」に割り振られていることが分かります。
pivotd7
表を見るとこのように、日時と場所の交差地点ごとの収益および合計額が表示されています。
こうした属性ごとの交差点を確認する集計方法をクロス集計と呼びます。
pivotd8
行や列の項目を変更したり、値を変更したりして、さまざまな角度からデータを検証することができます。

とりあえずこういうのがピボットテーブルです。どんな感じで便利かがおわかりいただけたところで、細かい使い方を追っていきたいと思います。

データを絞って表示

pivott2
行/列ラベル右側の▼をクリックし、不必要な項目のチェックを外すことでデータを絞って表示することが可能です。
ataifilter2
値フィルタ「指定の値より大きい」等を使うと、基準以上・以下・より大きい・より小さい値のみを表示することができます。
ataihani1
値フィルタ「指定の範囲内」等で、基準範囲内/外の値のみを表示することができます。
rkk3
値フィルタ「トップテン」で値を上位/下位からの順位で絞って表示することができます。

ピボットグラフ

pivograph6
ピボットテーブル選択中に挿入タブグラフ領域でグラフを作ることで、ピボットテーブルのデータを使ったピボットグラフを作成することができます。
pivog3
ピボットテーブルを削除すると、作成済みのピボットグラフは普通のグラフに変更されます。

ピボットテーブルの作り方、説明、使い方については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント