UnityのTransformコンポーネントについて

electrician IT
スポンサーリンク

Transformコンポーネントとは

transform1
すべてのゲームオブジェクトはTransformコンポーネントを持ち、オブジェクトの位置、回転、拡大/縮小を数値で指定することができます。
transform2
位置(Position)でオブジェクトの配置位置、
transform3
回転(Rotation)でオブジェクトの回転具合(x軸を中心に横回転、360で一回転)、
transform4
拡大/縮小(Scale)でオブジェクトのサイズを変更できます。
transform5
x軸とy軸はそれぞれ横軸と縦軸、
transform6
z軸は奥行きを意味します。

位置(Position)

transform1
実際にオブジェクトの位置を変更してみましょう。まずは2Dの場合。
グリッドの上にオブジェクトがひとつだけ置かれている状態で、位置はxyzすべて0に設定してあります。
transform2
オブジェクトを選択してインスペクターを表示し、位置のxを0から1に変更すると、
transform3
背景の目盛り(グリッド)ひとつ分だけ、オブジェクトが右に動くことが確認できます。
transform4
同様に位置のyを0から1に変更してみます。
transform5
オブジェクトが目盛りひとつ分上に移動しました。
このように、2Dゲームではxが増えれば右、yが増えれば上にオブジェクトが移動します。
また、数字1につき目盛りひとつ分の距離を意味します。小数も指定可能です。
3d unity transform position 1
3Dの場合も同様ですが、xが右か左か奥行きかはカメラの位置によります。xを1増やせば、
3d unity transform position 2
x軸の方向に1目盛り分動きます。y軸は上下となります。
軸の方向は右上のギズモで確認することができます。

スクリプトで位置変更(transform.Translate)

オブジェクトを移動する
オブジェクト.transform.Translate(x, y, z);
//Unity C#
//マウスクリック時に実行
void OnMouseDown()
{
//x方向に1移動
//(数字はそれぞれx,y,z)
this.transform.Translate(1, 0, 0);
}
コードとしてはこのようになり、
transform translate 1
実行するとクリックしたオブジェクトがx方向に1動きます。
//Unity C#
        this.transform.Translate(1.5, 0, 0);
ただし、transform.Translateの値に直接小数を入力はできません。これはエラーになります。
transform translate float
少数の場合は、this.transform.Translate(1.5f, 0, 0);のように、数字の最後にfを付ければOKです。これで1.5目盛り動きます。
逆にTransformコンポーネントの「位置」で小数を入力する時は、fを付けると数字として認識されなくなります。

スクリプトで位置取得(transform.position)

//Unity C#

Debug.Log(this.transform.position);
transform.positionを使用すると、オブジェクトの現在位置が取得できます。
実際に実行すると、
transform position unity 1
こんな具合でx,y,zがそれぞれ出力されます。
transform.positionは3つの数字の集合体(構造体)であり、ひとつの数値では表せないため、縦横奥の値を組み合わせたVector3構造体という型で取得されます。
transform position unity 2
transform.xtransform.yのように指定すると、3つの値のひとつだけを取り出すことができます。
transform position unity 3
全部0だと正しいかわからないので、少しオブジェクトの位置を変えて、
transform position unity 4
実行すると、xyzがそれぞれ取得できていることが確認できます。
やりたいことから逆引きするUNITYの使い方まとめ
Unityをやりたいことから学習していけるよう、機能・用途別にまとめたページです。C#の命令別の逆引きは現時点で作っていません。2019の時期に書き始めているので、それより前のバージョンについては言及しません。

コメント