Excel(エクセル)でピボットテーブルをグラフ化する方法/ピボットグラフの作り方

chart IT

ピボットテーブルで作ったデータは、グラフとして利用することも可能です。ここではその作り方を紹介しています。

Advertisements

ピボットグラフの作り方

pivograph1
まずはピボットテーブルをクリックし、アクティブにしておきます。
pivograph2
挿入タブグラフ領域をクリックし、グラフの種類を指定します。
pivograph3
グラフが作成されました。作成直後は、グラフ用のフィールドが表示されています。
pivograph4
このフィールドで表示データを変更したり絞りをかけることもできます。
pivograph5
不要であれば×ボタンで消します。グラフ外のセルをクリックしてもフィールドは非表示になります(再度グラフをクリックすると再表示)。
pivograph6
グラフを移動し、任意の位置に移動します。もし別のシートに置きたければコピー/切り取り→貼りつけで移動します。
pivograph7
ピボットグラフを選択中もピボットテーブルのフィールドは表示されています。たとえばここで表示データを変更すると……。
pivograph8
ピボットテーブルの内容が変更され……。
pivograph9
グラフの表示内容も連動して変更されます。

もしピボットグラフを普通のグラフに変更したい場合は、元となるピボットテーブルを削除すれば変換されます。
ピボットグラフの作り方については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント