Excelでセルとセルの間に線を引く・囲む方法/罫線の使い方

prison IT

Excelで表を作ったり書類を作成したりする際に頻繁に使う、罫線の使い方の解説です。

Advertisements

罫線作成の基本

まずは一回作ってみましょう。

ksn1
このデータを表っぽく見せたいので、罫線を引くことにします。
ksn2
罫線を引きたい範囲をドラッグして選択します。
ksn3
ホームタブにある罫線ボタンの▼をクリックし、プルダウンを開きます。
ksn4
格子を選択します。
ksn5
選択範囲に格子状に実線の罫線が引かれました。

罫線の追加・削除

ksn6
今度は範囲を選択した状態で外枠太罫線を選択してみます。
ksn7
外枠太罫線は範囲の外側だけに作用します。罫線が既にある状態で他の罫線を引くと、新しい罫線に上書きされます。
ksn8
罫線を削除したい場合、枠なしなどで上書きすることで任意の線を削除することが可能です。
ksn9
選択した範囲の罫線が枠なしに更新(=線の削除)されました。

「罫線の作成」で罫線を描く方法

罫線の作成を使って、ペンで描くように罫線を引く方法もあります。

kssk1
罫線ボタンの▼をクリックし、プルダウンから罫線の作成を選択します。
kssk2
マウスカーソルが鉛筆形になります。
kssk3
この状態でクリック/ドラッグすることで、任意の箇所に罫線を引くことが可能です。

「罫線の削除」で罫線を消す方法

同様に、罫線の削除を使って消しゴムで消すように罫線を削除してみます。

kssk4
プルダウンから罫線の削除を選択します。
kssk5
マウスカーソルが消しゴム型になります。
kssk6
この状態でクリック/ドラッグすることで、任意の箇所の罫線を削除することが可能です。
kssk7
罫線の作成/削除を解除するには、黄色くなっているボタンをクリックします。

罫線のショートカット

下記ショートカットで、選択しているセルの周りに罫線を引くことが可能です。

格子の罫線を引くショートカット
Ctrl+Shift+6
罫線のプルダウンを開くショートカット
AltHB

罫線のプルダウンを開いた状態から任意のキーを押すことで、任意の罫線を引くことができます。

kspd
たとえば選択したセルを格子で囲みたい場合、この状態で格子の右に書いてあるAをキーボードで入力することでも罫線を引くことができます。

その他罫線デザイン

罫線に色をつける場合は、罫線ボタン右の▼「線の色」をクリックして色を設定するか、セルの書式設定を使います。
罫線の種類については本文でも少し解説してますのでもうなんとなくわかると思いますが、別記事でもうちょっと細かく説明しています。
長くなるので、それぞれ別記事にまとめています。

Excelで色のついた罫線を引く方法/「線の色」の使い方
Excelでは黒だけでなく、色のついた罫線を引くことも可能です。やり過ぎるとうるさい画面にはなりますが、ここぞという時に使うと面白い効果を出すことができます。 みっつほどやりかたを書きましたが、複雑なものならセルの書式設定から、簡易なもの...
Excelで罫線の種類を変更する方法
Excelの罫線には実線以外にも、太線や二重線などさまざまな種類の線が用意されています。 ここでは罫線の種類を変更する、ちがった線を組み合わせる方法をご紹介しています。
Excelで罫線を使ってセルを立体的に装飾する方法/罫線(その他の罫線)の使い方
「方法」というか、こういうのはアイデアを思いつくまでが難しいんですが、知ると真似したくなる立体的な罫線を使ったセルの作り方です。
Excel(エクセル)でセルに斜線を引く方法/罫線の使い方
表を作ると、特定のセルに斜線を引きたい場面が出てきます。 一度「セルの書式設定」を経由し、罫線として設定することで斜線を引くことが可能です。

罫線の作成については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント