excel(エクセル)でグラフを作る・サイズを変える・移動・削除・編集など基本操作

macbook IT

Excelが登場する前には、ひとつのソフトで数量計算とグラフ作成を行えるものはなく、グラフ作成は職人的な工程が必要な特別なものでした。
現在ではボタンひとつで容易に作成可能ですが、わかりやすく意図の明確なグラフを作るには、ある程度の知識が必要となります。ここでは基本的なグラフの作り方、編集方法を解説しています。

スポンサーリンク

グラフの作成方法

graph1
どの方法で作るにしろ、まずはグラフにしたい範囲を選択しておきます。
範囲はグラフを作った後で変更することもできます。

ショートカットで作成

グラフ作成
F11
(ノートPCなどではFn+F11
graph2
グラフにしたい範囲を選択したままF11(またはFn+F11)を押すと、新しいシート(グラフシート)を作成して大きなグラフが作成されます。

グラフを選択して作成

graph2
挿入タブ「グラフ」の任意のボタンをクリックします。
graph3
プルダウンが開くので、任意のボタンをクリックします
graph4
グラフが作成されました。ボタン操作で作った場合、同じシートの中に小さなグラフが作成されます。

すべてのグラフ

g1
プルダウン最下部の「その他の~グラフ」を選ぶか、
g2
右下矢印すべてのグラフを選択することで、
g3
使用可能なすべてのグラフから選択することが可能です。

おすすめグラフから作成

「おすすめグラフ」はバージョン2013から追加された機能で、グラフを作ろうとしている表に合わせて使えそうなグラフを色々提示してくれます。

recomendedgraph1
表を選択し、挿入タブおすすめグラフをクリックします。
recomendedgraph2
現在選択している表に対して使えそうなグラフが色々提示されます。好きなものを選んでOKを押せば、
recomendedgraph4
選択したグラフが作成されます。
recomendedgraph3
データが変われば、おすすめされるグラフも変わります。
recomendedgraph5
なお、すべてのグラフをクリックすれば、おすすめ以外の全てのグラフを選択できます。

グラフを削除する

graph5
削除したいグラフの余白部分を左クリックします。
graphd
deleteを押すとグラフが削除されます。

グラフの種類を変更する

g4
グラフをクリックして選択し、
g5
デザインタブグラフの種類の変更をクリックするか(すべてのグラフが開きます)、
g6
または挿入タブから普通に選びます。
g7
種類が変更されました。

グラフを移動する

graph5
グラフの余白部分を左クリックします。
graph6
クリックし続けたままマウスを任意の方向に移動(ドラッグ)します。
graph7
指を離すとグラフの移動が完了します。

グラフのサイズを変更する

graph8
グラフのサイズを変更するときには、グラフの右上・右下・左下・左上いずれかにマウスカーソルを当てます
graph9
そのまま任意の方向にドラッグします。
graph10
指を離すとサイズが確定します。
graph11
縦横に伸ばしたり縮めたりするには、上・右・下・左のいずれかにカーソルを合わせます。
graph12
そのまま任意の方向にドラッグします。
graph13
指を離すと比率とサイズが確定します。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント