Excelで色のついた罫線を引く方法/「線の色」の使い方

marker IT

Excelでは黒だけでなく、色のついた罫線を引くことも可能です。やり過ぎるとうるさい画面にはなりますが、ここぞという時に使うと面白い効果を出すことができます。
みっつほどやりかたを書きましたが、複雑なものならセルの書式設定から、簡易なものなら罫線ボタンから行うのが良いかと思います。

Advertisements

色のついた罫線を引く方法

keisencolor
テストとして、この表の合計金額だけを赤い太線で囲みたいと思います。
keisencolor2
ホームタブ罫線ボタンの右▼をクリックし、「線の色」にカーソルを合わせます。
keisencolor3
カラーパレットが表示されるので、任意の色を選択します。
keisencolor4
するとマウスカーソルが鉛筆型に変わり、「罫線の作成」の要領で色線を引くことができるようになります。
keisencolor5
今回は太線を引きたいので、罫線ボタン「線のスタイル」で線の種類も変更します。
keisencolor6
線を引き終わったらEscを押して、罫線の作成を解除します。

描画せず罫線に色を付ける方法

keic1
まず範囲を選択しておき、
keic2
罫線の色を指定します。
keic3
するとマウスアイコンが鉛筆型になり、見かけ上選択が解除されますが、気にせず罫線ボタン右▼から引きたい罫線の種類を指定します。
keic4
もし既にアイコンが引きたい種類の罫線になっていれば、そのままボタンを押してもOKです。
keic5
すると選択範囲に指定の色の罫線が引かれます。
keic6
なお、色は保存されます。色変更後は再度変更しない限り、罫線を引くたびに同じ色が使われます。

セルの書式設定から罫線を設定する方法

keic7
範囲を指定し、右クリックセルの書式設定をクリックします。
keic8
罫線タブに移動します。
keic9
カラーパレットで、任意の色を設定/作成します。
keic10
あとは「線」「罫線」「プリセット」で線の種類、外枠と内枠を設定していきますが……。
keic11
実は途中で色を変更して、外枠だけ別の色にする、といった操作も一回で行うことができます。
keic12
OKを押すと、作成した罫線が実装されます。

この方法を使うと、立体的にセルを装飾したりすることもできます。

カラーで罫線を引く方法については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント