Excel(エクセル)でスパークラインを削除・クリアする方法

bulb IT

作成したスパークラインを削除する場合、キーボードでDeleteを押しても消せません。セルごと削除するか、「スパークラインのクリア」を行う必要があります。

スポンサーリンク

スパークラインの削除

sparklineclear2
不要になったスパークラインを削除するのであれば、セルごと削除してしまうのはひとつの解決策です(ただし消したセルの分、左か上に詰める必要がある)。
切り取り→貼り付けすることもできます。

スパークラインのクリア

sparklineclear3
消したいスパークラインを選択した状態で、デザインタブをクリックします。
sparklineclear4
クリアを押すか、
sparklineclear5
クリア右の▼→選択したスパークラインのクリアをクリックすれば、現在選択中のスパークラインをクリアできます。
sparklineclear6
選択したスパークライン グループのクリアをクリックすると、選択しているスパークラインと同じグループのスパークラインもすべてクリアされます。
同じ表内で同じ列に作ったスパークラインは普通1セットなので、同じグループになるぐらいの感じですが、後からグループに他のスパークラインを追加・解除することもできます。
sparklineclear10
これらの操作はセル上で右クリックスパークラインからも選択可能です。

sparklineclear7
E2を選択した状態から、
sparklineclear8
選択したスパークラインのクリアならE2のスパークラインだけがクリアされ、
sparklineclear9
選択したスパークライン グループのクリアなら同じグループのスパークラインがすべて削除されます。
Excel(エクセル):削除、クリア
Excel関連削除/クリア系の処理、操作まとめです。操作で言えば、選択した状態でDeleteを押せば大体消せるはずです。また文字入力中は、カーソルの位置からBackSpaceを押せば、左に向かって文字を削除していくことが可能です。 セルで...
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント