Excel(エクセル)のスパークラインで勝敗表を付ける方法

IT

スパークラインの「勝敗」機能では、数値が-なら負け、+なら勝ちというふうに、数値の正負によって二色で表された簡単なグラフを表示することができます。

スポンサーリンク

成果物

sparklinewinorlose14
点数差を元に、勝敗を表の右側にスパークラインで表示します。

スパークラインの勝敗機能

sparklinewinorlose1
まずは機能の紹介から。この表に対し、
sparklinewinorlose2
範囲を選択し、挿入タブからスパークライン勝敗をクリックします。
sparklinewinorlose3
出力範囲を指定すると、
sparklinewinorlose4
値が正の時は青、負の時は赤でバーが表示されます(色は変更可能)。

勝敗表のスパークライン化

sparklinewinorlose5
もう少し実用的な例で考えてみます。たとえばこの表(普通に1-2とか打つと日付になるので、書式は文字列)をスパークラインしたければ、
sparklinewinorlose6
ひとつの方法としては、関数を使い=Left(B2)-Right(B2)をまずF2に入力します。
Left、Right関数は文字列の左、右の〇文字を抜き出す関数です。点数が2桁になる場合はもうひと手間必要となりますが、今回それは無視します。
sparklinewinorlose7
で、オートフィルで延ばします。点差でそのまま正の数、負の数ができるので、
sparklinewinorlose8
スパークラインを作ります。
引き分け、エラーの場合は空白となります。
sparklinewinorlose9
あとはこの作業列を隠せばOKです。
試した感じ「列の非表示」をするとスパークラインも消えるので、今回は列を切り取り、
sparklinewinorlose10
別のシートなどに貼り付けます。この作業をしても、スパークラインからの参照は維持されます。
sparklinewinorlose11
あとは元のシートで不要になった列を削除すれば、
sparklinewinorlose12
勝敗表を元にしたスパークラインの完成です。
sparklinewinorlose13
点数をいじると、ちゃんとスパークラインも連動します。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント