Excel(エクセル)でスパークラインの種類を変更する方法

IT

Excelでスパークラインの種類を変更するには、作る時と同じ要領で種類をクリックしてやればOKです。
ただし、折れ線or縦棒と勝敗で種類を変更する場合、一点注意事項があります。

スポンサーリンク

スパークラインの種類変更

sparklinechange1
こういった縦棒のスパークラインがあるとします。種類を変更するには、まずスパークラインのあるセルを選択し、
sparklinechange2
デザインタブをクリックし、
sparklinechange3
任意の種類を選択します。
sparklinechange4
折れ線をクリックしてみると、スパークラインの種類が変更されたことが確認できます。

負のポイント

sparklinechange5
折れ線または縦棒から勝敗のスパークラインを作った場合、マイナスの数値も同じ色で表示されます。
sparklinechange9
これは、最初から「勝敗」でスパークラインを作った時はデフォルトでチェックが入る「負のポイント」がオフになっているためです。
負のポイントにチェックが入っていると、マイナスの値のみ色が変更されます。
sparklinechange7
チェックを付けると、デフォルトの勝敗グラフになるはずです。
sparklinechange8
逆に勝敗→折れ線または縦棒のスパークラインを作った場合は、負のポイントのチェックを外さないとマイナスの値の色が変わります。
sparklinechange6
負のポイントの色は、デザインタブマーカーの色負のポイントから指定することが可能です。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント