Solendで仮想通貨を借りる(Borrow)方法

euro IT

Solendでは、サプライした通貨を担保にして他の通貨を借りる(Borrow)することが可能です。

スポンサーリンク

Solendで通貨をBorrowするやりかた

担保の用意

solend borrow1
通貨を借りるには、まず何かしら担保となる通貨をデポジット(Supply)する必要があります。
solend borrow2
今回は10USDCを預け入れていますが、これに対しUser borrow limit(借入限度額)を見ると、7.5$分の仮想通貨を借りることができることがわかります。
solend borrow3
この預け入れ資産に対する借入限度額の比率は、LTVで確認することができます。
solend borrow4
同じプール内であれば、たとえばUSDCを預け入れてSLNDを借りる(別通貨を借りる)ことも可能です。
solend borrow5
プールが変わると不可となります。

金利(Borrow APR)

solend borrow6
通貨を借りると金利が発生します。金利はBorrow APRで確認することができます。
金利は年換算(APR)ですが、この金利は刻々と変化します。
solend borrow7
通貨を借りるには該当資産をクリックしてBorrowをクリックしますが、
solend borrow8
よく見ると金利がちょっとちがうようです。

SLND Rewards

solend borrow20
このオレンジのマークはSolendの基軸通貨SLNDを意味していて、マークがついた通貨を借りると一定額のSLNDが報酬としてもらえます。
solend borrow21
いつもあるものではないですが、Borrow APRよりSLND Rewardsが大きい場合はマイナス金利となり、借りれば借りるほど収入が増える状態となります。

通貨の借り入れ

solend borrow9
Borrowに入り、金額を指定してBorrow~をクリックします。
solend borrow10
ウォレットで取引を承認します(小額のSolが必要です)。
solend borrow11
しばらく待って、この画面が出れば借り入れ成功です。この時点から金利が発生します。
借りた資産はウォレットに移動し、通常の通貨と同様に使用できます。

借入額の確認

solend borrow12
現在そのプールで借りている金額は該当の通貨の画面で確認できる他、
solend borrow13
PoolPositionAssets borrowedでも確認できます。
solend borrow14
また、通貨を借りるとUtilizationが上昇します。
これは担保に対して借用済の資産の比率を示しています。
solend borrow15
Utilizationが100になる=借入限度額なので、担保が引き出せなくなります。
solend borrow16
テスト用に一度Utilizationを100にしてみました。実際は余裕を持って借り入れすることをおすすめします。

Borrow balance

solend borrow17
現在の資産と借入額のバランスはBorrow balanceで確認できます。
solend borrow18
Liquidation threshold清算基準額
つまり今のサプライのまま借りている5$が金利で5.67$まで膨らむと、強制的にBorrowが解除され、通貨が返済されることを意味しています。
solend borrow19
このバーの全体の長さがサプライしている通貨の量で、水色がそのうち担保にしている(通貨を借りた)分、白い点が借入限度額、赤い点が清算基準額となります。
utilization1
上の状態からしばらく放置すると、金利によってUtilizationが100%を超え(借入限度額を超過した状態)、
utilization2
バーも赤くなって危険域に達していることを示します。このまま放置するといずれ強制決済されるので、可能なら早いうちに返済(Repay)するのが望ましい状態です。
仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 AMA ATH FOMC FOMO FR FUD IDO WP カウンターパーティーリスク クリプト コラテラル 資金調達率 ステーブルコイン スマートコントラクト セリクラ ピ...

コメント