Excel(エクセル)でローマ字の表記揺れを大文字・小文字に統一する方法/Upper・Lower関数の使い方

woodtype IT

Excelでローマ字を入力すると、各人の癖で表記が統一されないことがあります。それを解決するひとつの方法が、関数を使って大文字・小文字を変換してしまうことです。
もし一文字目を大文字・二文字目以降を小文字に統一したい場合は、Proper関数を用います。

Advertisements

Upper・Lower関数の使い方

ローマ字を大文字に変換
Upper(対象)

ローマ字を小文字に変換
Lower(対象)

upper1
ローマ字をわざわざ全角で入力する人もあまりいないでしょうが、これだけの表記揺れが考えられます。大文字/小文字が混在していてもデータ上は基本同一文字列として扱われますが、見栄え的にもあまりよくありません。
upper2
置換で対応することもできますが、今回は関数で対応してみます。B2セルを大文字に変換する場合、=upper(B2)と入力します。
upper3
全角・半角それぞれ大文字に統一されました。全角を半角に変換したい(またはその逆の)場合は、Jis・Asc関数で対応します。
upper4
同様に、小文字に変換したい場合は=lower(B2)のように入力します。
upper5
こちらも無事に小文字に統一できました。
upper6
なお、日本語や数字には効きません。文字列の中にローマ字がある場合は、そこだけ大文字/小文字に変換されます。

ちなみに、セルに対して半角英数字入力しかできなくする設定というものもありますので、役立ちそうならご参照ください。
ローマ字の表記揺れを大文字・小文字に統一する方法については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント