Excel(エクセル)で日付入力をちょっと楽にするいくつかのTips(と回避法)

bulletin-board IT

Excelで日付入力をする際、劇的ではないですがちょっと楽になるテクニック、および意図せずなってしまった場合のかわしかたのご紹介です。

Advertisements

日付だけ入力

daytip1
日付のみを入力してみます。
daytip2
するとこのように自動で西暦が入力されました。

逆に分数を入力したい時は、この仕様が邪魔をします。その場合は別のTipsが必要となります。

ハイフン入れて入力

daytip3
今度は間にハイフンを入れてみます。
daytip4
やっぱり日付になりました。

しかしこれも、実は学校のクラスを入力したいのかもしれません。その場合も別のTipsが必要となります。

下二けたで西暦を入力

2020_1
今度は西暦から日付まで入力する場合です。
2020_2
実は西暦は下2桁だけ入力しても補正されます。このように20/1/28と入力すると……。
2020_3
西暦が自動で2020年に修正されました。
2020_4
おそらくバージョン等によって変化していくでしょうが、現状00~29までは2000年代として扱われます。
2020_5
30~99までは1900年代として扱われます。

今日の日付・現在時間をショートカットで入力

今日の日付を入力
Ctrl+ ;

現在時刻を入力
Ctrl+ :

ctrl;
Ctrl+ ; 今日の日付を入力できます。
ctrl;2
Ctrl+ : で現在時刻を入力できます。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント