ExcelVBA(マクロ)で実行するたびに斜線を引く/消すマクロを作り、ツールバーに登録する方法

IT

自分的には需要のある、出来合いマクロで斜線を引いたり消したりする方法です。

Advertisements

実行するたびに斜線をON/OFFするマクロ

diago
下記のコードを実行すると、すでにアクティブセルに右上がりの斜線がある場合はそれを消し、ない場合は斜線を引きます。
' vba
' 右上がりの線がある場合
If ActiveCell.Borders(xlDiagonalUp).LineStyle = xlLineStyleNone Then
ActiveCell.Borders(xlDiagonalUp).LineStyle = xlContinuous
' ない場合
Else
ActiveCell.Borders(xlDiagonalUp).LineStyle = xlLineStyleNone
End If
もし左上がりの斜線にしたい場合は、xlDiagonalUpの部分をxlDiagonalDownに変えます。
線の種類などにもこだわりたい方は、お手数ですが別記事をご参照ください。

クイックアクセスツールバーに登録

ssn16
よく使うようであれば、なんらかの方法でアクセスしやすくしておくと良いです。
たとえばクイックアクセスツールバーに追加するのであれば、ファイルタブ
ssn17
オプション
ssn18
クイックアクセスツールバー
ssn19
マクロ
ssn20
作ったマクロを追加してOKすると、
ssn21
ここにボタンができるので、押すたびに斜線を引いたり消したりできていい感じです。

あるいはリボンのユーザー設定でリボンにコマンドを追加したり、ショートカット化することも可能です。

Excel(エクセル):罫線
罫線の引き方、編集、設定方法まとめです。 Excel操作で罫線 基本の罫線の作り方、引き方、削除方法です。 基本その2、罫線の種類の変更方法です。セルの一部だけに線を引く方法、セルの書式設定で罫線を引く方法につ...
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント