Excel(エクセル)でシートの内容を変更できなくする方法/シートの保護の使い方

wood-table-keys IT

作成したファイルの中身を変更できなくされないように、ワークシートの保護をすることができます。ブックの保護についても言及します。

Advertisements

Excelファイルを編集できなくする方法

hogo1
ワークシートを編集できなくするためには、校閲タブ「シートの保護」をクリックします。
hogo2
ダイアログが開き、どういった操作を禁止するかがリスト表示されます。チェックがついているものは許可する操作で、デフォルトで「ロックされたセル範囲の選択」「ロックされてないセル範囲の選択」にチェックが入っています。このふたつの違いについては後述しますが、要するに入力はできないけど、選択はできるという状態です。
hogo3
パスワードを入力し、OKをクリックします。パスワードは省略可能です。
hogo4
パスワードを入力した場合、もう一度入力を求められるので、同じパスワードを入れてOKを押します。パスワードは再発行できないので確実に記録してください。
hogo5
すると選択はできますが……。
hogo6
入力しようとするとダイアログが出て、できない旨表示されます。
hogo7
再度編集可能にするには、校閲タブシート保護の解除をクリックします。
hogo8
先ほど設定したパスワードを入力し、OKを押します。
hogo9
再度編集が可能になりました。
hogo10
なお、シートの保護は設定したシートだけを保護します。他のワークシートは保護されないので、複数のワークシートを編集不可にするためには、各個シートで個別に保護する必要があります。

シートの一部だけ編集可能、他は編集不可にする方法

hogo15
今選択している部分だけ編集可能にして、それ以外は保護したいと思います。
hogo16
編集可能のまま残したいセルを選択し、右クリックセルの書式設定へ進みます。
hogo17
保護タブ「ロック」のチェックを外します。このチェックが外れたセルは、シートを保護しても保護対象から外れます。
hogo18
編集可能にするセルのチェックを全て外したら、校閲タブシートの保護をクリックします。
hogo19
今回は「ロックされたセル範囲の選択」のチェックを外し、「ロックされてないセル範囲の選択」だけを残してみます。
hogo20
さきほどチェックを外したセルは「ロックされてない」ので、選択できるし、入力もできます。
hogo21
しかしそれ以外の「ロックされている」セルは選択すらできなくなります。この状態だとカーソルキーで左右を押しても、他に行ける場所がないので上下に動くことになります。編集するセルだけロックを外しておけば、書式入力時にも使えるテクニックです。

ブックの保護について

hogo11
校閲タブのシートの保護のとなりに「ブックの保護」があります。一見シートの保護をまとめて行えるように感じますが、機能がだいぶ異なります。
hogo12
同様にパスワード(省略可能)を設定してOKを押すことで適用できます。
hogo13
ブックの保護はシートの編集ではなく、シートの移動、追加、削除、名前の変更、非表示、非表示の解除を禁止します。上のダイアログで「ウィンドウ」にもチェックを入れた場合、ブックウィンドウの移動、サイズ変更、終了、非表示/表示の切り替えが禁止されます。
「ウィンドウ」はExcel 2007、Excel 2010、Excel for Mac 2011、Excel 2016 for Macでのみ使用可能だそうです。
hogo14
ブックウィンドウというのはこの赤線で囲った部分、Excel全体の中で各ブックが表示されるウィンドウのことです。
ブックの保護をするとこれのサイズ変更とかができなくなるということです。Excel全体の最小化とかサイズ変更とかは普通にできます。

コメント