仮想通貨用語:スマートコントラクトとは

carsharing IT

smartは一般的に賢い、機敏、あるいは体形が良いことを言いますが、「自動的な」という意味合いもあります。contractは契約、約定といった意味なので、併せて「自動的な約定」といった意味合いになりあます。

スポンサーリンク

スマートコントラクトとは

おおざっぱに言えば、人間が介在しない取引は全部スマートコントラクトということのようです。
例えば自動販売機にお金を入れてボタンを押すと飲み物が出てくる、この一連の流れは機械によって自動的に行われます。
バスに乗る時にSuicaをセンサーに当てると乗車台が支払われる、これも人間を介さない取引です。
①契約(金額)の事前開示、②どういった刺激が与えられると③どういった結果が返り④どうやって決済されるのか、が最初から決定されています。

スマートコントラクトのメリット

人間が取引を行えば、人件費と手間、ミスや釣銭のごまかしの可能性が発生しますが、ルールが最初から決まっていてそれを粛々と実行するスマートコントラストにはそういった心配が(基本的に)ありません。
つまり、コストが低く、信頼性が高く、取引の透明性が高いです。

ブロックチェーン上のスマートコントラクト

仮想通貨以前から自動取引は存在したので、スマートコントラクト=ブロックチェーンでの取引というわけではないです。
ただブロックチェーンは思想として非中央集権を目指すので、透明性が高くて第三者が介在しないスマートコントラクトとの親和性が非常に高く、ブロックチェーン上での取引=スマートコントラクトと呼ばれることが多いです。

仮想通貨・クリプト・Defi・Dex・投資等関連記事一覧
クリプト・投資・経済関連用語 AMA ATH FOMC FOMO FR FUD IDO WP カウンターパーティーリスク クリプト コラテラル 資金調達率 ステーブルコイン スマートコントラクト セリクラ ピ...

コメント