Excelエクセルで印刷したページにページ番号を入れる方法/ヘッダーとフッターの使い方と画面の元に戻し方

IT

複数ページに渡る資料を印刷するとなると、当然必要になるのがページ番号。
当然、excelではヘッダー/フッターそれぞれにページ番号を挿入する機能が実装されています。

Advertisements

方法1:挿入タブ→ヘッダーとフッター

まずは定番の1/?形式のフッターを入れてみたいと思います。

header

「挿入」タブ→ヘッダーとフッターをクリック



header1

画面がページレイアウトに切り替わり、ヘッダー/フッターツールが表示された状態になります



header3

フッター→1/?ページをクリック



header4

ヘッダーが入力されます



header5

見慣れないページレイアウトは画面右下のアイコンをクリックすることで元に戻せます


header6

または表示タブ→「標準」をクリックでもOK



header7

元に戻せました



header8

印刷プレビューを見ると、フッターが入力されていることが確認できます

印刷範囲が表示されている場合

他のサイトを見ると記述がないんですが、Excel2007で自分で試したところヘッダー/フッターから戻ったタイミングで印刷範囲が表示されたので、これの消し方も書いておきます。

tensen1

印刷範囲(点線)の消し方



tensen

Officeボタン→Excelのオプションをクリック



tensen2

詳細設定→「改ページを表示する」のチェックを外します



tensen3

印刷範囲の点線が消えました

ヘッダー/フッターの改造

header9

header/footerは他にもファイルのタイトルを入れたり


header10

決まった文字や日付を入れたりすることができます



header11

日付をクリックすると&[日付]が今日の日付に変換されることがわかります



header12

こちらは1/?の内容



header13

これらを組み合わせて、好みのヘッダー/フッターを作ることも可能です



header14

方法2:ページレイアウトタブ→ページ設定

こちらのほうが感覚的に使いやすい人も多いかもしれません。

pagesettei1

ページレイアウト→ページ設定ボタンをクリック



pagesettei2

ページ設定画面が開くので、ヘッダー/フッタータブを開きます



pagesettei3

ヘッダーまたはフッター欄をクリックすることで、日付やページを選択することができます



pagesettei4

ヘッダーの編集またはフッターの編集画面に入ると、三箇所それぞれを詳細に設定できる画面に入ります



pagesettei5

使われている文法はヘッダー/フッターツールと同じく&[]なので、ボタンで挿入するなり、自分で記述するなりします



pagesettei6

OKを押すと適用され、プレビューも確認することができます

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント