ExcelVBA(マクロ)で行番号・列番号を取得する方法/Row・Columnプロパティの使い方

IT

VBAで行や列の番号を取得することで、「横方向に繰り返しで処理を行う」とか、「今選んでいる行から右にいくつかにある項目を表示する」とか、「検索してヒットした文字列のある行・列番号を取得する」など、実運用上の可能性が一気に広がります。ぜひ早い段階で覚えておきたいプロパティです。

Advertisements

Row・Columnプロパティの使い方

行番号を取得する
対象.Row

列番号を取得する
対象.Column

column1
サンプルとして、「現在選んでいるセルの行・列番号を取得し、メッセージボックスに表示する」マクロを書いてみようと思います。
column2
VBEを開き、MsgBoxの後に文字列とVBAを交互に書いて、&で繋ぎます。
式が長いので、途中 _を入れて一度折り返しています。
column3
ActiveCell.Rowで現在選んでいるセルの行番号を、
column4
ActiveCell.Columnで同様に列番号をそれぞれ取得します。
列番号はシート状ではABCですが、プロパティでは数値となる点に注意してください。
column5
実行結果はこうなります。
column6
位置を変えれば表示される数値も変わります。ちなみにActiveCellの性質上、複数セルを選択してても表示されるのは左上のセルの番号だけです。
' vba
MsgBox "このセルは" & ActiveCell.Row & "行目の" & ActiveCell.Column & "列目にあります"
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント