Excel(エクセル)でクリップボードを使ってコピーする方法

tab IT

クリップボードとは本来「コピー待ちのデータを一時的に保管する場所」のことですが、Excelではクリップボードにコピー履歴を保存しておき、過去のコピーを利用して貼り付けする機能が実装されています。
普通のコピー方法がまず知りたい方は、コピーの記事をご参照ください。

Advertisements

クリップボードの使い方

クリックボードの開き方~コピペ方法

clipboard1
クリップボードを開くには、ホームタブクリップボード右下のボタンをクリックします。
clipboard2
するとこのように左側に領域が開くので、
clipboard3
適当にデータをコピーしてみます。すると、クリップボードに今コピーした内容が追加されます。
clipboard4
通常のコピーであれば直前に使用したコピーしか貼り付けできませんが、クリップボード機能ではコピーした内容を24個まで登録でき、
clipboard5
貼り付けしたいセルを選んで、貼り付けたいデータ右の▼(またはデータ名を右クリック)→貼り付けをクリックすることで、
clipboard6
コピー履歴から任意のデータを貼り付けすることができます。
clipboard7
または、貼り付けしたいセルを選択→クリップボードのデータ名をクリックしても貼り付けが可能です。
clipboard8
クリップボードを閉じるには、×を押すかクリップボードのボタンを押す、
clipboard11
もしくは▼から閉じるをクリックします。
clipboard9
クリップボードを閉じた状態でも、何かコピーを行って、
clipboard10
再度クリップボードを開くと、今コピーしたデータがクリップボードに登録されています。
clipboard12
これはExcel外のコピーに対しても有効です。たとえばいったんExcelを離れて、今書いている文章を一部コピーしてみると、
clipboard13
コピーした内容がクリップボードに登録されていることが確認できます。

クリップボードのデータの削除

clipboard14
貼り付けと同じ要領で、▼(またはデータ名を右クリック)→削除をクリックすれば、
clipboard15
ひとつずつクリップボードのデータを削除できます。また、すべてクリアをクリックすれば、
clipboard16
クリップボード上のデータをすべてまとめてクリアすることが可能です。
また、Excelのクリップボードのデータは、Excelを閉じるとすべてクリアされます。

範囲選択した時のクリップボード上の表記

cpboard1
A1~A5列までをコピーした場合でも、クリップボード上はひとつのデータとして記録されます。
cpboard2
貼り付けるとちゃんと範囲貼り付けができるんですが、
cpboard3
単一セルで間に半角スペース入れた文字列でも同じ表記になり、クリップボード上で見分ける方法はありません。もしどちらかわからない場合は、貼り付けて判別する形になります。
Excel(エクセル):コピー、切り取り、貼り付け(ペースト)、オートフィル、クリップボード
Excelのコピー関連まとめです。基本メイン記事でゴリゴリに解説しているのですが、コピー関連の設定だの関数を使ったコピーだのまで一記事に詰め込むのもアレなので、補足的な記事となります。 コピペ、オートフィル コピペ・オートフ...

コメント