excelエクセルで同じ文字を指定しただけリピートする方法/rept関数の使い方

repeat IT

excelを使っていると、ここは同じ項目を何回も繰り返し出せたら便利なのに……という場面に遭遇することもあるかと思います。そんな時に使うのがrept関数です。
よくあるサンプルですが、■でバーを伸ばす使い方がrept関数を理解する上でもわかりやすく、実用性もあるので採用しています。

Advertisements

rept関数の使い方

rept関数の使い方は以下のようになります。

=rept(繰り返す内容,回数)

rept1

1~10の数字をランダムに表示させておきます



rept2

C2に=rept(“■”,B2)を入力、これをC14までドラッグすると、このように数字の数だけバーが伸ばされます


数字が表示されたセル(B2~B14)を参照し、そこに表示されている数だけ■を繰り返し記述しています。
もちろん■以外のものをリピートすることもできますので、「正確に10000字表示したい」などという場合にも使えます。
rept3

使用例

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント