Excel(エクセル)で数字にマイナスをつける、負の数に変換する方法

bench IT

Excelで値として負の数を入力することは、Sum関数などと組み合わせることで有用なテクニックとなります。しかし元々正の数で入力している場合、これを負の数に一度変換しないといけません。

Advertisements

負の数に変換

minus1
たとえば「在庫」「出荷」「計」だけのシンプルな表であれば、=B2-C2などで完結に記述できます。
minus2
しかし計算項目が増えていくと、プラスとマイナスが入り混じるやや複雑な式になっていきます。
minus3
そこで、マイナスを使う値は最初から負の数として入力しておき……。
minus4
これをまとめてSum関数で計算する、といった方法だとすっきりした記述でまとめられます。
一例ですが、こういった場合に正の数を負の数に変換する必要が出てきます。
minus5
やりかたとしては、負の数に変換したいセル番号にマイナスをつけ、-D2のようにして仮の列に入力します。
minus6
Enterを押すと、参照元の値が負の数に変換されて表示されます。
minus7
オートフィルでコピーし、必要なセルを全てマイナスに変換します。
minus8
仮の列の負の数をコピーし、参照元のセルにペーストします。数字おかしくなっていますが問題ありません。
minus9
右下のオートフィルオプションをクリックし、「値のみ」をクリックします。
minus10
関数ではなく値としてペーストが再計算され、結果として値が全て負の数に変換された状態になります。
minus11
仮の列を削除し、Sum関数を下までオートフィルでコピーすると、計算が正しく行われていることが確認できました。

Excelで値を負の数に変換する方法については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント