Excel(エクセル)の起動方法、Excelを立ち上げるやりかた

IT

Excelというかソフトウェア全般に、使っているパソコンのOSなどによって操作が変わります。基本的には「アイコンを見付けて(または作って)開く」か「スタートメニュー等から見付けてクリックする」でExcelを起動することができます。要するにアイコンを見つけられれば大体開けます。
Excelを起動するためには、Excelがインストールされている必要があります。wpsとかキングソフトとか入ってる場合もありますが、それらはExcelの代用品的な他社のソフトです。

Advertisements

スタートメニューから開く場合

たとえばWindows7でExcel2007という化石的な環境ではこうなります。
OSごとに多少操作変わるんですが、よくわからなければ検索するのが簡単です。

exc1
左下のWindowsマークをクリックし、メニューからExcelを選択することで起動が可能です。
exc2
Excel右にある三角形をクリックすることで、最近開いたファイルを直接開くことも可能です。
exc3
もしスタートメニューですぐ見つからない場合はExcelを検索するか、すべてのプログラムをクリックします。
exc4
すべてのプログラムではインストールされたソフトが一覧表示されるので、まずはMicrosoft Officeフォルダを見つけます。
exc5
フォルダ内のExcel(バージョンはインストールされているものになります)をクリックし、Excelを起動します。
exc6
スタートメニューはしばらく使わないソフトは表示されなくなりますが、メニュー上でアイコンを右クリック→「スタートメニューに表示する」をクリックしておくことで、常に表示する設定に変更できます。

タスクバーから開く場合

こちらもWindows7の場合。

exc7
スタートメニューでExcelアイコンを右クリック→「タスクバーに表示する」をクリックします。
exc8
すると画面の端にあるバー(タスクバー)にアイコンが追加されます。これをクリックするとExcelを起動することができます。

アイコンから開く場合

exc9
こんな感じのアイコンがあれば、ダブルクリックすればExcelの新規ファイルが開きます(名称は異なる場合があります)。
exc10
また規制のExcelファイルをダブルクリックするとそのファイルが開きます。そこからファイルを新規作成することで、新しいExcelファイルを作成することも可能です。

Excelの起動方法については以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント