Illustratorで四角形(長方形・正方形)を描画・移動・変形する方法/長方形ツールの使い方

building IT

Illustratorをインストールすると最初にチュートリアルが表示されるので、まあそっち見れば済む話なんですが、備忘録的に「長方形の書き方」の解説記事となります。

Advertisements

長方形ツールの使い方

長方形を描くには、左のメニューバーにある「長方形ツール」を使用します。

cho
メニューバーの「長方形ツール」を選択します。
cho2
長方形ツールを選択したまま画面上をドラッグすることで、長方形を描画することができます。
cho3
指を離すと長方形が確定します。
cho11
Shiftを押しながらドラッグすることで正方形を描くことが可能です。
sk
また、Alt(MacではOption)を押しながらドラッグすることで、クリックしたところを中心に図形を描画することができます。
ShiftAltを押しながらドラッグすることで、クリックしたところを中心点にして正方形を描くことも可能です。

長方形のサイズ変更

cho4
長方形のふちでカーソルが矢印になるところでドラッグすることで、長方形のサイズを変更することができます。
cho5
指を離すとサイズ変更が確定されます。

長方形の移動

cho6
長方形の中央の点にカーソルを当ててドラッグすると、長方形の位置を移動することができます。
cho7
指を離すと長方形の位置が確定されます。
cho8
これらの操作(サイズ変更・移動)は、画面左の選択ツールを選択しても行えます。
cho9
選択ツールを使用中は、移動は長方形の内側のどこを掴んでも移動することができます(サイズ変更は上と同じ操作です)。
cho10
移動・サイズ変更中に表示されるピンク色の線はスマートガイドと呼ばれ、他の図形との位置関係などをわかりやすく表示してくれます。
Illustrator(イラレ)の使い方・ツール・テクニックリファレンス
ベクター画像を作るなら必須と言っていい、AdobeのIllustratorの使い方まとめです。一時期仕事で使っていたので基本的なとこをまとめました。 イラレ使い方 四角形のオブジェクトを描画・移動・変形 三角形、六角形など多角形を描画...

コメント