Excel(エクセル)で割り算をし、商の整数部分と余りを分けて求める方法/Quotient・Mod関数の使い方

breakfast IT

実務上、割り算は少数まで含まず整数のみ使い、余りは別に回す場面などもよくあります。
そうした場合に使えるのが、Quotient関数とMod関数です。条件分岐でもたまに使います。

Advertisements

Quotient関数の使い方

割り算をし、整数部分を返す
=Quotient(割られる数、割る数)
quotent1
いくつかの数を5で割り、その整数部分だけを取り出してみましょう。
quotent2
商(割り算の答え)の整数部分だけを返すセルに、=QUOTIENT(A1,5)のように記述します。A1セルの数値を5で割る、といった意味合いです。今回「5」は普通に数字で書いてますが、たとえばA1セルをB1セルで割る、とかもできます。
quotent3
実行結果です。

Mod関数の使い方

割り算をした余りを返す
=Mod(割られる数、割る数)
quotent4
今度は割りきれなかった余りを求めてみます。
余りを求めるセルに、=MOD(A1,5)のように記述します。A1を5で割った余りという意味になります。
quotent5
余りはこのようになりました。
quotent6
なお、もし少数も含めた普通の割り算をしたければ、割る数/割られる数と書けば商が得られます。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント