Excel(エクセル)で図形を前面・背面に移動して重なり合いの順番を変更する方法

stones IT

複数の図形を重なり合う位置に配置した場合、どちらかが前に表示されて、もう片方はその後ろに隠れます。この「どっちが前か」を変更する方法についての記事です。

スポンサーリンク

重なり合いの順番の変更

overlap1
図形が重なっている、というのはこういった状態のことです。この場合、丸、三角、四角の順に前面にあります。
overlap2
三角を前面に移動してみます。移動したい図形を選択しておいて、
overlap5
書式タブ配置にある前面へ移動をクリックします。
overlap8
図形が前面に移動し、一番前に表示されました。
overlap3
この状態だと四角はみっつの図形の一番後ろにあるので、一番前に表示したいなら前面へ移動を二回(あるいはもっと)クリックしないといけませんが、
overlap4
前面へ移動の下半分→最前面へ移動をクリックすると、一発で一番前に持ってくることができます。
overlap6
逆に背面に移動したいなら背面へ移動、一番後ろに移動したいなら最背面へ移動をクリックします。
overlap7
また、右クリックからも前面/背面への移動を指定することができます。

別のやりかた:オブジェクトの選択と表示

overlap9
図形を選択して書式タブオブジェクトの選択と表示をクリックすると、
overlap10
右にシート内のオブジェクト一覧が表示されるので、
overlap11
図形をドラッグして位置を変えてやれば、
overlap12
移動した位置に合わせて図形の並び順が変更されます。右の表で上にあるほど前面にあります。
overlap13
または、右上の矢印でも前面/背面への移動が可能です。
Excel(エクセル):図形
Excelでは、図形という機能を使うことで四角形や丸、矢印などのオブジェクトをシート状に配置することができます。セルの形状を無視して配置できるので、フローチャートや装飾、注釈などアイデア次第でさまざまな用途に利用できます。 図形作成の基礎...

コメント