Excelエクセルでフォントの種類を変更する方法/フォントの使い方

font IT

Excelでもチラシ作ったりグラフの頭につけたり、何かとフォントを変更する場面はあるかと思います。こちらではフォントの変更方法について解説します。

Advertisements

フォントの変更方法

まずは基本的なやりかたから。

font1
フォントを変更したい範囲を選択します。
font2
ホームタブ→フォント表示の右にある▼→任意のフォントを選択します。
font3
フォントが変更されました。
font4
フォントの中には絵文字のようなものや、日本語に対応していないものもあります。何度でも変更可能です。

ミニツールバーを使う方法

右クリックして表示できるツールバーからもフォントを変更することができます。

testes1
セルを選択した状態で右クリックし、ミニツールバーを開きます。
testes2
フォント表示の右にある▼をクリックすると、フォント選択プルダウンが開きます。
testes3
任意のフォントを選択すると、セルのフォントが変更されます。

セル内の一部だけフォントを変更したい場合

testes4
セルをダブルクリックして編集状態にし、変更したい部分だけをドラッグで選択します。
testes5
リボンやミニツールバーでフォント変更操作をします。ちなみにミニツールバーは編集状態だと選べる機能が少なくなっていますが、フォントの変更は通常通り行えます。
testes6
フォントを選択すると、選択した部分のみフォントが変更されました。

セルの書式設定でフォントを設定する方法

機能的には変わりないですが、プレビューを見て確認してから適用したい場合などはこちらが便利です。サイズや色もまとめて変更可能です。

font5
ホームタブ→フォント右のボタン(または右クリック→セルの書式設定→フォント)を選択します。
font6
フォントを選択し、OKをクリックすると適用されます。
font7
「標準フォント」にチェックを付けると、デフォルトのフォントに戻すことができます。
セルの書式設定(フォント)を開く
Ctrl+Shift+F
または
Ctrl+Shift+P
セルの書式設定のフォントタブは、対象のセルを選択した状態でショートカットを入力しても開くことができます。
Excel(エクセル)で使える時短ショートカット集
Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント