Excelエクセルで関数を絶対参照にする方法/$マークの意味と使い方

IT

Excelでいうところの絶対参照/相対参照というのは、関数をコピー/移動した時に対象のセルが変化するかどうかのことです。

Advertisements

相対参照とは

dd1
A1~A4を順番に足し算する式を書きました。
dd2
実行すると、計算結果が返されます。
dd3
ではこのセルをコピーして、ふたつ下に貼りつけするとどうなるでしょうか?
dd4
答えは、ふたつ下に移動した分、参照範囲もふたつズレる、でした。

これが相対参照です。何もつけなければ関数は相対参照になり、移動すると対象のセルが変わります。

dd5
例えばこういう、左の数値を右で計算する場合などは、コピーするだけで同様に実行してくれる相対参照のほうが便利です。

絶対参照とは

移動しても対象範囲が変わらない状態が絶対参照です。$マークを付けることで関数を絶対参照に変更することが可能です。

zs1
E1に=A1+C1というシンプルな式を入力します。
zs2
通常通りセルをコピー/移動すると、式の引数(対象セル)も自動的にスライドします。
zs3
今度は数字の前に$を付けてみます。
zs4
コピー/移動しても引数が変わらなくなりました。この状態が絶対参照です。
zs5
絶対参照である限り、いくつスライドさせても式は変化しません。
zs6
ただし行しか絶対参照にしていないので、横にコピーすると式が崩れます(列がA→B等ズレる)
zs7
アルファベットの前にも$を付けて列も絶対参照にすることで完全に固定された式をコピー/移動することが可能です。

ショートカットによる相対参照/絶対参照の切り替え

対象セルを選択した状態でF4を押すと、4段階の相対/絶対参照を切り替えることができます。

dd6
今はC2セルの「A2」後ろに入力カーソルがある状態です。$は付いていないので、A2は相対参照です。
dd7
ここでF4を押すと、$A$2(行・列ともに絶対参照)に変化しました。
dd8
もう一度押すと、A$2(行のみ絶対参照)に変化しました。
dd9
もう一度押すと、$A2(列のみ絶対参照)に変化しました。
dd10
もう一度押すと、元のA2(相対参照)に戻りました。

数字の4Shiftといっしょに押すと$が入力できるので、F4もセットで認識しておくと便利です。
相対参照・絶対参照および$の使い方は以上です。

やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント