Unityでマウスクリックされた時にイベントを起こす方法/OnMouseDownの使い方

office IT

OnMouseDownメソッド内に処理を書くことで、比較的単純な記述で「マウスでクリックしたときの処理」を実行することができます。
ただし、マウスクリックのみです。タップの場合は別の処理が必要となります。

スポンサーリンク

成果物

jp2
オブジェクトをクリックすると、オブジェクトがジャンプします。

OnMouseDownの使い方

マウスでクリックされたら処理を実行
OnMouseDown{ 処理 }
jump1
前準備として、キツネにはコライダーとリジッドボディ、土台にはコライダーをセットします。
jp1
この時点でキツネが自然落下し、土台に乗っかる状態になるので、
jump2
あとはスクリプト内で「上に移動」させればOKです。
イベントとして、マウスクリック時に処理を実行させるOnMouseDownを記述し、
jump3
中には物理演算で上に移動させるRigidbody2Dのvelocityを操作するスクリプトを書いておきます。
jump4
スクリプトをアタッチして実行すれば、
jp2
クリックするとキツネがジャンプするようになります。
//Unity C#
  //クリックした時に実行
    void OnMouseDown()>
    {
    //このオブジェクトを上に移動
  this.GetComponent<Rigidbody2D>().velocity = new Vector2(0, 10);
    {
やりたいことから逆引きするUNITYの使い方まとめ
Unityをやりたいことから学習していけるよう、機能・用途別にまとめたページです。C#の命令別の逆引きは現時点で作っていません。2019の時期に書き始めているので、それより前のバージョンについては言及しません。

コメント