ExcelVBA(マクロ)で行・列の非表示・再表示を切り替える方法/Hiddenプロパティの使い方

IT

Hiddenプロパティを操作することで、行や列の非表示をマクロで行うことができます。非表示がTrue、再表示がFalseとなります。

スポンサーリンク

成果物

hidden9
行/列の非表示をVBAで実行します。

Hiddenプロパティの使い方

hidden1
こういうのを隠します。
hidden2
通常操作であれば、右クリック→非表示で選択した行・列を非表示にできますが、これをVBAで書きたいと思います。
hidden3
Hiddenプロパティは行か列にしか使えないので、Range(“A1:A3”).Hidden = Trueだとエラーが出ます。
hidden4
行であれば、Range(“A1:A3”).Rows.Hidden = TrueのようにRangeの後に指定します。
hidden5
実行すると、行がみっつ隠されることが確認できます。
hidden6
最後のブール値をFalseにすれば、
hidden7
非表示の行・列を再表示することが可能です。
hidden8
列を隠す場合は、Rowsの部分をColumnsに書き換えます。
hidden9
実行結果です。
Excel(エクセル):表示、非表示
ここでいう表示/非表示とは、Excelで何かを隠す、それを再度表示する、または表示を切り替えるといった意味合いになります。数値を%で表示する、といった表示形式に関しては入力や書式の記事などで扱います。 セルの表示/非表示 セ...
Excel(エクセル):行、列
Excelの行、列関係操作、関数、VBAです。他のまとめとかぶる部分が多い場合はリンク貼ります。 行・列の選択 行・列の一括選択方法です。 VBA(マクロ)であれば、たとえばRange("2:2").Selec...
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント