Excel(エクセル)で24時間以上の経過時間を○時間の形式で表示する方法/セルの書式設定(ユーザー定義)の使い方

IT

用途によっては、Excelでなんらかの経過時間を記録したい場面もあるかと思います。しかし書式にはデフォルトで経過時間を記録できるフォーマットがないため、少し手を加えて自分で用意する必要があります。

Advertisements

経過時間を表示する方法

keika1
次のような表で、稼働時間を記録したいと思います。時間は終了時間-開始時間で算出します。
例だと6時間経過していますが、これは書式「標準」だとシリアル値として表示されます。
keika2
稼働時間を選択して右クリックセルの書式設定をクリックし、
keika3
たとえば時刻タブの時間:分というスタイルを選べば、
keika4
一応時間の形式で表示することはできます。しかしこれは「○時」であって、「○時間」ではありません。
keika5
つまり30時間経過していても「6時」となり、
keika6
しかも=B2-B1&”時間”のようにして表示を○時間にしようとしても、
keika7
文字列が入った時点でまたシリアル値表記に戻ってしまいます。
keika8
従って、セルの書式設定ではユーザー定義タブを選びます。[h]というのが経過時間を意味するので、例えば[h]:mm:ssを選択すると、ちゃんと30時間で表示されていることが確認できます。
keika9
「種類」の枠内でこれを書き変え、[h]時間と入力してOKを押します。
keika10
これで経過時間+「時間」という表記が可能になります。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント