Excel(エクセル)で値が下から何番目かの順位を求める方法/Small関数の使い方

cat IT

Small関数はLarge関数の逆、全体の中で「下から何番目か」を求める関数です。

Advertisements

Small関数の使い方

(下から数えて)指定した順位の値を求める
Small(範囲,順位)
small1
この表を関数を使い、昇順・降順に並び変えてみたいと思います。
small2
昇順(上から順)の場合、=large(A$2:A$9,1)と記述することで、A2~A9の中で上から1番目の順位の値を求めることができます。
small3
あとは数字を2,3..と増やしていけば、昇順の表の完成です。
降順(下から順)の場合は、=small(A$2:A$9,1)と記述することで、A2~A9の中で下から1番目の順位の値を求めることができます。
small4
というわけで、下まで伸ばすとこうなります。関数の中の数字(この場合は順位)はオートフィルしても自動で増えないので、row(A1)(A1のある行番号を求める)にしたりとか、そういう小技を使えばオートフィルで数字を増やしていくことが可能です。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ
関数・演算子・メソッド・プロパティ名から探すExcel/VBA(マクロ)使い方・組み合わせ方まとめ
こちらはExcelやメソッドの諸機能を、機能の名称から探せるまとめ記事です。

コメント