Pythonで使える比較演算子、論理演算子

bridge IT

比較演算子とは、値Aと値Bを等しい、AのほうがBより大きいなどなんらかの基準で比較し、正しい場合はTrue(真)、間違っている場合はFalse(偽)を返す演算子のことです。!=(等しくない)以外は大体他の言語同様です。
論理演算子も比較演算子同様にTrueまたはFalseを返します。論理演算子を使うと、複数の比較演算子を同時に判定する使い方ができます。

スポンサーリンク

比較演算子

==(等しい)

python 演算子1
左右の値が等しければTrue、そうでなければFalseを返します。
単体の=は値の代入という意味になる点にのみ注意が必要です。

>(より大きい)

python 演算子2
左の値が右の値より大きい場合はTrue、そうでなければFalseを返します。

python 演算子3
左の値が右の値より小さい場合はTrue、そうでなければFalseを返します。

>=(以上)

python 演算子4
左の値が右の値以上の場合はTrue、そうでなければFalseを返します。

python 演算子5
左の値が右の値以下の場合はTrue、そうでなければFalseを返します。

!=(等しくない)

python 演算子6
左の値が右の値と等しくない場合はTrue、等しければFalseを返します。

論理演算子

and

python 演算子7
複数条件(3つ以上も可)の全てが正しければTrueを返します。

or

python 演算子8
複数条件のいずれかが正しければTrueを返します。

not

python 演算子9
後に置く条件が正しければFalse、間違っていればTrueを返します(結果を逆転させる)。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント