Excel(エクセル)で画面のスクリーンショットを撮る、貼り付ける方法、「使用できるウィンドウ」の切り替え方

IT

Excelには専用のスクショ用機能が用意されてるので、まずそれの紹介をします。
その後でPC全般で使えるスクショ方法も紹介します。汎用性は後者のほうが高いです。

スポンサーリンク

挿入タブからスクリーンショット

ウィンドウ単位でスクショ

screenshot1
挿入タブからスクリーンショットをクリックすると、
screenshot2
現在表示されている(開かれていて最小化されてない)アプリが「使用できるウィンドウ」に一覧表示されます。このいずれかをクリックすれば、
screenshot3
ウィンドウ(各アプリの画面)単位でスクショがされ、Excelにそのまま張り込まれます。
screenshot4
サイズの変更などは他の画像同様行えます。
サイトの画面を貼ったり、ソフトの画面を張り付けたりする際に便利な機能です。

画面の領域で切り取ってスクショ

screenshot6
スクリーンショットで画面の領域をクリックすると、
screenshot7
「使用できるウィンドウ」の中で一番左にあるウィンドウが最前面となり、
screenshot8
このように白いエフェクトがかかります。
screenshot12
ドラッグで範囲選択した範囲が鮮明になり、
screenshot13
指を離すと、それがそのままキャプチャされてExcelに貼り付けられます。
screenshot14
一番左にないウィンドウを領域キャプチャする場合は、
screenshot16
一度そのソフトやブラウザをクリックしてやると、
screenshot17
一番左にくるので、その後で画面の領域をクリックします。

ショートカットでスクリーンショット

全体スクショ

デスクトップ全体をキャプチャ
PrintScreen(Windows)
Command+Shift+3(Mac)
screenshot18
今デスクトップに表示してる画面をそのまま表示するには、PrintScreen(MacではCommand+Shift+3)を押します。
screenshot19
取得したスクリーンショットをCtrl+V(MacではCommand+V)などで貼り付けます。
ペイントなどに一度貼り付けて、好きなサイズにトリミングするのも有効です(このブログの画像はほとんどそうやって作ってます)。

領域スクショ

画面を切り取ってキャプチャ
Windows+Shift+S(Windows)
Command+Shift+4(Mac)
screenshot9
領域を選択してキャプチャする場合は、スクショしたい画面を表示した上でWindows+Shift+Sを押します。(MacではCommand+Shift+4
画面がこのように暗くなるので、
screenshot10
そのままドラッグすると、選択範囲がクリップボードに保管されるので、
screenshot11
Ctrl+V(MacではCommand+V)などで貼り付けます。
このショートカットはExcel専用ではないので、メールに画像貼ったりするのにも使えます。
Excel(エクセル)で使える時短ショートカット集
Excelでよく使う(あるいは人によっては役にたつ)ショートカットを集めてみました。
やりたいことから方法を探すエクセルExcel操作・関数・VBA(マクロ)逆引きまとめ
逆引き(やりたいことから探す)Excel記事まとめ

コメント