Pythonで項目がリスト内にあるかどうかを判定条件にする方法/in、not inの使い方

IT

innot inを使うと、リストの中に指定の項目がある(またはない)時にTrueを返す、という条件判定をすることができます。

スポンサーリンク

in、not in

in list python 1
使い方はいたってシンプルです。任意のリストに対し、項目 in リスト名を実行すれば、
in list python 2
項目がリスト内にあればTrue、なければFalseを返します。
in list python 3
項目 not in リスト名の場合、項目がリストになければTrue、あればFalseとなります。
#python
リスト = ["a","b","c"]
if "a" in リスト:
    print("リストにあります")
If文に組み込めば、たとえばこんな感じになり、
in list python 4
項目がリストにある場合のみ処理を実行させることができます。
Python操作方法、関数・メソッドリファレンス
なかなか落ち着いて勉強する時間がとれずにいますが、自分を追い込む意味もこめてPythonまとめページです。 そのうち多分きっと充実してくることでしょう……。 初期準備、基本概念 ダウンロード、インストール、起動 ShellとEdit...

コメント